« 古都散策(25)正倉院展 | メイン | 銀座探訪(4)アルマーニ オープン »

2007年11月 8日 (木)

古都散策(26)興福寺の秘仏

 7dsbpxra_sパンフレット


 興福寺では、今月の下旬まで「秘仏特別公開」がなされています。
 国宝館で「国宝・八部衆像」がすべて公開されていたので、早速、見に行きました。

Cw5pk_at_s拝観券


 私は、阿修羅像が大好きなので、じっくりと見ました。
 この手のバランスが、何とも言えず好きです。
 そして、胸の前で合わす両手の微妙な隙間も、目が釘付けになります。
 顔が3面ありますが、私は正面がいいと思います。

 八部衆がみんな見られたのも、感動しました。写真集などで、1つ1つはよく見ていたのですが、自分の目で八部衆のみんなをジッと見つめると、また違った味わいがあります。

 鎌倉時代の製作になる、国宝・千手観音像にも魅入りました。
 中国の耳の不自由な方々が演じられる千手観音の動きが、目の前に像を置くと、その手が今にも動きそうに思われました。
 今春、中国の天台山に行った時に、このパフォーマンスのCD―ROMを買ってきました。本当にすばらしい演技です。ずっと、演じつづけてもらいたいと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/14408385

古都散策(26)興福寺の秘仏を参照しているブログ:

コメント

偶然にもこちら様のブログにたどり着きまして
初メッセージさせていただきます。
HN〜ひげ仙人と言い 本名は〜地木恒春(ぢきつねはる)であります。
現在 大阪市在住でありまして よろしくお願いします!

ちょうど本日11日(日曜日)私も奈良〜興福寺国宝館へ
国宝〜八部衆像の鑑賞に行ってきまして
ズラリと並んで展示されてる八部衆像を
ゆっくりと拝観してまいりました。

趣味の墨絵にて仏画などを描いておりまして
自分のまなこにて是非鑑賞して見たく
興福寺へお伺いした次第であります。



 私は、十一面観音が大好きです。
 仏画を描いておられるとか。
 作品を、ウエブなどで公開していらっしゃるのでしょうか。

 すみません。今、ウェブサイト「ひげ仙人のほんわか工房」(http://www9.ocn.ne.jp/~artdiki/koubou/)を拝見しました。
 ガラス絵も描いておられるのですね。
 私の仲間で、ガラスに源氏絵を描いている者がいます。
 楽しい情報を共有しましょう。
 ますますのご活躍を。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008