« 源氏千年(34)低次元の朝日新聞の記事に溜め息 | メイン | 鞍馬寺にある晶子の源氏訳自筆原稿 »

2008年4月27日 (日)

源氏千年(35)朝日の「みだし」への疑問解消!

 今朝、というよりも深夜に
「源氏千年(33)朝日「人脈記」の表題が東西で違う 」
という記事を書きました。

 そして、素朴な疑問、関西と関東で表題が異なることを、執筆者である白石さんに直接お尋ねしました。

 すると、これまた早朝にもかかわらず、ご丁寧な返信をいただき、ご教示いただきました。
 私が聞いただけではもったいないので、正解を共有すべく、ここに報告します。




お尋ねの件ですが、
「東西の編集部で独自にタイトルをつける」が正解です。
正しくは「タイトル」ではなく、「みだし」といいます。
記事をレイアウトしたり、みだしをつけたりする専門の記者がいまして、
東京と大阪ではそれぞれ別の記者がみだしをつけます、
一面や社会面の記事はすべてそうです。




 ヘーッ、と感心してしまいました。
 新聞記事は、たくさんの方々の手と目を通して出来ているのですね。そうだからこそ、偏った内容にならないのでしょう。
 それにしても、関西と関東で、別の記者が「みだし」をつけるとは。
 かつて、私は朝日新聞の記者になりたかったので、この情報は「お宝」です。
 インスタントラーメンの味付けが、関西と関東で違うと聞いたことがあります。東西の文化は、こんなところにもうかがえるようです。
 
 昨日と今日は、連載も一休みです。また明日からはじまるので、どんなことが話題になるのか、心待ちにしています。私のまわりでも、多くの方が楽しみにして読み、話題にしています。
 ネットでも、チラホラと話題になっているようです。

 まだまだ連載が続く大変な時期にもかかわらず、素人の些細な質問に即座にお答えいただいた白石さん、本当にありがとうございました。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/14409165

源氏千年(35)朝日の「みだし」への疑問解消!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008