« 源氏千年(41)『源氏物語を読み解く100問』 | メイン | みやこめっせで春の古書市 »

2008年5月 3日 (土)

源氏のゆかり(5)説明板28-鞍馬寺(2011/04/03補訂)

 鞍馬寺については、本ブログ2007年9月23日の「京洛逍遥(16)鞍馬寺」で紹介しました。
 また、1週間ほど前の4月28日の「鞍馬寺にある晶子の源氏訳自筆原稿」でも、その様子を記しました。
 今回で、鞍馬寺のことは3回目となります。

 鞍馬寺から歩いて下る途中に、由岐神社があります。
 そこからさらに下ると、道端の石垣の陰にひっそりと説明板が建っています。
 これは、昨年にはなかったものです。先週は、ケーブルカーで降りたので、わかりませんでした。
 どこかにあるはずだと思っていましたが、こんな形でありました。


U7dmsdv7_s道端に



 この説明板は、鞍馬寺が『源氏物語』の「若紫」にでてくる「北山のなにがし寺」の候補地であることを記しています。説明の最後で、岩倉の大雲寺も、その候補の一つであることに言及しています。

Pgaicwkg_s説明板



 初めてここにきた人は、この説明板の場所がわからないと思います。
 もう少し案内の標識を置いてもいいと思いました。
 私も、偶然ここにあるのを見つけました。あるとは知っていても、こんなところに、というのが実感です。

 ここから来た道を振り返り、由岐神社の方を見ると、木の立て札が目に留まります。


由岐神社を臨む



 この札は、『源氏物語』の「若紫」にある歌に関するものだとわかります。


F2aq0lhc_s涙の滝



 吹きまよふ深山おろしに夢さめて
  涙もよほす滝の音かな
   (『源氏物語』若紫の巻)


 ただし、この歌がどんな意味をもち、「若紫」の中でもどのような場面に関係するのか、何も説明がありません。
 近くの説明板にも、このことには触れていません。
 この札の前に佇んでいると、水の音が心地よく響いてきます。
 先の説明板といい、この立て札といい、いかにも唐突に、鞍馬と『源氏物語』の接点を突きつけられた感じになります。

 『源氏物語』との関係を物語る、丁寧な説明が必要です。
 来週も鞍馬寺へ行く予定をしているので、お寺の方に、このことについてお話ししようと思っています。




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/14409197

源氏のゆかり(5)説明板28-鞍馬寺(2011/04/03補訂)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008