« ライデンの市街にある日本 | メイン | またもやKLMに失望 »

2008年6月18日 (水)

ヘレンという男

 トイレに「Heren(ヘレン)」と「Dames(ダームス)」という、2つのプレートが貼られていました。絵文字は、私が行った店では、あまりありませんでした。

 さて、どちらが男か迷った末に、私は「ダームス」の方を選択しました。吉本の漫才師で、もと参議院議員の西川きよしの奥さんは、「ヘレン」さんです。
 したがって、「ヘレン」は「姫」で、「ダームス」が「殿」にあたるはずです。

 その後も、「ダームス」のトイレを利用していました。ところが、どうも様子が違うのです。そこで、お酒の席で話題が砕けていたので、このことを確認したところ、何とまったく逆だったのです。
 「ヘレン」が男で、「ダームス」が女だそうです。みなさん、優しく微笑んでくださいました。

 とんでもない間違いというものはあるのです。
 私がトイレに入っている時、幸運なことに女性が来なかったので問題にならずにすみました。オランダの町で、大学で、恥ずかしい思いをするところでした。

 せめて、男女の別を絵で示してあったら、こんな間違いはしなかったのです。そう思っていると、絵があるトイレもありました。ところが、そんな所に限って、オランダ語が書かれていないのです。

 いやはや、ひとしきり、みなさんの失笑をかってしまいました。

 海外でトイレに飛び込む時には、十分に注意しましょう。
 あの、男女を表現した絵のアイコンは、貴重な識別記号です。
 国外退去にならずに帰国できることに、とにかく感謝しています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/14409429

ヘレンという男を参照しているブログ:

コメント

 Heren と Dames、私も最初戸惑いました。
 でも、Dames にお入りになったら、男用小便器がないのにお気づきになるかと思うのですが・・・
 私は日本でも、トイレに入ったらまず、それがあることを確認することにしています。フェイルセーフのためです。
 ところが、この頃は女性トイレにも幼児用男子小便器があったりするそうで、ますます気をつけねばなりませんね。

 男女のトイレのコメントを、ありがとうございます。
 今回の混乱は、レストランでのことでした。
 男女共用はよくあるので、まったく自分の間違いに気づきませんでした。
 やはり、世界共通のトイレマークを決めましょう。
 色分けも、検討の価値があります。
 ただし、ジェンダーの問題をクリアする必要があるでしょうが。

 最近の若者は,便座に座って小用をするようです。
 我が家でも、妻は子供に、座ってしろと言っていました。周りを汚すからです。

 朝顔が邪魔者扱いされる社会的な風潮を、トイレで感じることがあるのですが……。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008