« 源氏のゆかり(27)説明板37-廬山寺 | メイン | 源氏千年(57)源氏物語をテーマにした大壁画 »

2008年8月23日 (土)

源氏のゆかり(28)説明板38-梨木神社

 廬山寺の真ん前に、梨木(なしのき)神社があります。
 木立の中にひっそりと佇む神社です。

080800nasiki1梨木神社1


080800nasiki2本殿

 ここは、『源氏物語』の「帚木」や「花散里」に出てくる、中川の家に当てられています。
 空蝉や花散里などが、このあたりにいたことになります。

 説明板は、木々の間に埋もれていました。


080800nasiki3説明板


 『蜻蛉日記』の作者である藤原道綱の母の家も、このあたりにあったそうです。
 平安京域のホンの少し東にズレた、賀茂川に近いところです。

 現在の京都御所からこのあたりは、落ち着いた雰囲気の散策エリアです。
 角を曲がると、牛車とぶつかるのでは、とか、路地から平安人が出てきてもおかしくない所です。
 何も考えないで歩くのにうってつけの、観光地らしからぬお薦めの一角です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/15652324

源氏のゆかり(28)説明板38-梨木神社を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008