« 源氏千年(60)加賀美さんの朗読 | メイン | NHKさん、卑怯ですよ »

2008年10月 7日 (火)

源氏のゆかり(28)説明板36-法成寺跡

 かつてのグループサウンズでタイガースを知っている人は多いと思います。
 そのリードボーカルだったジュリーこと沢田研二の出身校は、京都御所の東に隣接する鴨沂(おおき)高等学校です。
 その高校の道を隔てた北側にあるグラウンドの南側塀沿いに、藤原道長が建立した法成寺跡があります。

 ただし、この説明板はなかなか見つけにくい所に埋め込まれています。


080921houjyuuji1南塀


 写真の左には、京都御所が見えます。このグランドの北側には、紫式部の住まいとされる廬山寺があります。

 この説明板を正面から見ると、こんな感じです。


080921houjyuuji2正面

 ここは、今では法成寺の面影はまったくありません。しかし、鴨川の西で、この地しかないのは明白です。

 これといってなにもない、殺風景な所ですが、廬山寺と梨木神社に立ち寄った帰りに、足を向けるといい場所です。


080921houjyuuji3説明板


 この説明板を読むだけで、当時の様子がイメージできることでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/16641142

源氏のゆかり(28)説明板36-法成寺跡を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008