« ハーバード(1)寒さに震える | メイン | ハーバード(3)明け方の電話とメール »

2008年11月20日 (木)

ハーバード(2)朝日新聞を見る

 当地ハーバードは、マイナス1度です。
 東京の感覚で来た私は、とにかく寒い思いをしています。

 一仕事終えてからの夕食には、ホテルの近くのシーフードレストランへ行きました。
 シーフードサラダが1700円でした。アメリカらしく、どっさりと来るのですが、物価は全体的に高いように思います。

 インターネットは、部屋から無線LANで接続しています。ただし、1日1000円なので、これまた高いと思います。
 3年前にハーバードに来た時には、ホテルのネットよりも野良電波を捕まえて、インターネットに接続していました。

 今回は、飛び交う電波がすべてセキュリティがかかっているので、高くても料金を支払って利用しなくてはいけません。
 いいホテルなので、これくらいはサービスをしてもいいと思うのですが……。

 ロビーには、フリーのインターネットが使えるパソコンが、1台だけですがあります。しかし、これは日本語が使えません。使えるのでしょうが、ウインドウズマシンなので、マッキントッシュユーザの私には、手も足も出ません。
 ハーバード大学の方がお世話してくださったホテルなので、すばらしいのですが、このネット環境だけは残念です。

 フロントでいろいろとお尋ねしていると、対応してくださっている方が、上智大学のご出身であることがわかりました。
 海外を歩いていると、いたるところで日本語がうまい人に出くわします。
 みなさん、日本語のよさを理解して、こうして海外の地でも、その成果を活かしておられます。

 メールをチェックしていたら、いつもお世話になっているK先生が、私のことが掲載された朝日新聞(11月20日付、東京板)をPDFファイルにして送ってくださっていました。
 異国の地で自分のコメントが掲載された新聞記事を読むとは、思っても見ませんでした。
 複雑な思いがします。不思議な感覚で、二三度よみました。

 私に関しての記事内容は、来年の2月に『源氏物語【翻訳】事典』を笠間書院から出すことと、『源氏物語』が現在25種類の言語で翻訳されていること、そして、今後の新しい『源氏物語』の研究の胎動についてのコメントです。そして、翻訳本の写真が掲載されています。

 過日、取材を受けてお答えしたことと、私の元にある翻訳本の撮影に協力したことが、うまくまとめてありました。
 白石さんは、綿密な取材を多方面でなさっており、膨大な情報を適切にうまくまとめておられます。さすがはプロの仕事です。文学がご専門ではないのに、とにかく取材内容をバランスよく配して記事をお書きになります。

脱帽です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/17149242

ハーバード(2)朝日新聞を見るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008