« 京洛逍遥(50)賀茂川の水鳥たち | メイン | 源氏のゆかり(30)説明板23-大学寮跡 »

2008年12月16日 (火)

源氏のゆかり(29)説明板22-二条院候補地

 二条城の北東に冷泉院跡があります。
 その横を南北に走る堀川通から東に向かって延びる夷川通りを少し歩くと、二条院候補地(陽成院跡)が夷川児童公園の中にあります。
 この夷川通りには、家具屋さんが店を並べているので有名です。大阪で言えば、難波の西にある堀江・立花通りに当たります。
 我が家の座卓も、ここで買いました。もっとも、今は古道具屋で買った座卓を愛用していますが。

 公園から二条城(かつて御所があった所)を振り返ると、こんな景色として眼に映ります。


081214nijyoin1かつての御所を臨む

 児童公園では、子どもたちが遊んでいました。

 ここは、『源氏物語』では桐壷更衣の実家があったところと想定されています。
 光源氏も、このあたりで遊んだことでしょう。
 そして、光源氏は紫の上をここに住まわせたのです。


081214nijyoin2今は公園


 説明板は、こんな感じで建っています。


081214nijyoin3説明板


 この公園は、二条院の北側に当たります。
 その南半分は、今は建物がひしめいています。


081214nijyoin4二条院南半分


 公園を走り回る少女は、若紫だと思ってシャッターを切りました。

 それにしても、『源氏物語』の舞台であったことを、まったく感じさせない空間です。
 しかし、この地に足を留めることによって、物語における地理的な位置関係が意識されます。

 千年の時空を超えてのイメージを脹らませるためにも、一度佇んでみる価値のある場所です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/17466278

源氏のゆかり(29)説明板22-二条院候補地を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008