« 『源氏物語』享受史の好著 | メイン | 伊井春樹館長の送別会 »

2009年3月26日 (木)

『源氏物語』の翻訳状況(2009.3.25版)

 3月24日の朝日新聞で、一頁全面を使って『源氏物語』をとりあげていました。
 その中に、「世界の「源氏」二十数カ国語に翻訳」というコラムがありました。
 そこに、気になる情報があったので、ここで確認しておきます。

 翻訳は英・独・仏語からアラビア語、オランダ語、クロアチア語、ヒンディー語など世界二十数カ国語に及び、タイ語やミャンマー(ビルマ)語などでも進行中だ。

 ここに、「タイ語やミャンマー(ビルマ)語などでも進行中」とあります。ミャンマー語は、確かに筑波大学のワインさんが翻訳を進めておられます。しかし、タイ語に関しては、本ブログの次の記事で報告したように、『源氏物語』の翻訳は私の知る限りではどなたもなさっていません。ただし、仲間のAさんが、『おさな源氏』の翻訳に手を着けようとしています。


タイ語訳『源氏物語』がないこと

 近年、さまざまな取材を受けますが、電話によるものは、後で思い出さないことが多くなりました。
 この記事が、電話取材を受けたものなのか思い出せないのです。
 私は、いつも手元に何か資料を取り出して取材に対応するので、タイ語訳の『源氏物語』を進行中と答えることはありません。とくに、タイは仲間が直接の関係者なので、確かな情報のはずです。

 上掲の新聞記事の情報源が私ではないのかも知れませんが、念のために正しい情報を提示して、再確認しておきます。

 ここには、今月初めにニューデリーのネルー大学図書館で見つけたウルドゥー語訳を、刊行されたものにして整理しています。

 私の元での最新情報です。
 さらに補訂すべき情報をお持ちの方は、ご教示いただけると助かります。



『源氏物語』の翻訳言語情報(2009.3.25版)

◆刊行されたもの 24種類◆
アラビア語・イタリア語・ウルドゥー語・英語・オランダ語・クロアチア語・スウェーデン語・スペイン語・セルビア語・タミール語・チェコ語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・テルグ語・ドイツ語・日本語・ハンガリー語・ハングル・パンジャビ語・ヒンディー語 ・フィンランド語・フランス語・モンゴル語・ロシア語

◆現在進行中のもの 4種類◆
ウクライナ語(中断)・トルコ語(出版待ち)・エスペラント(作成中)・ミャンマー語(作成中)

◆未確認(あるらしい、というもの) 6種類◆
アッサム語・オリヤー語・スロベニア語・ハンガリー語・ヘブライ語・ポルトガル語・マラヤラム語

◆再挑戦が進むもの
イタリア語(中断)・英語(未確認)・オランダ語・フィンランド語(宇治十帖)


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350595/19045333

『源氏物語』の翻訳状況(2009.3.25版)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008