« 京洛逍遙(131)平等院で舞楽「延喜楽」 | メイン | 源氏絵を寝殿造から見た好著 »

2010年3月29日 (月)

心身雑記(51)口臭の原因判明

 近年、妻から口臭の指摘を受けることが多くなりました。
 以前から気を付けてはいました。しかし、自分にはなかなかわからないものです。かといって、誰からも口臭がすることを伝えてはもらえません。直接本人には言いにくいことなのです。私も、これまでにたくさんの方の口臭に気づきましたが、一度として教えて差し上げたことはありません。これは、本当に難儀な問題です。

 唯一、妻からは私の身の回りについて小まめなチェックが入っていたので、感謝しながら、口臭についてはいろいろなグッズを使っていました。
 今、カバンの中に入ってるものだけでも、こんなにあります。
 
 
 
20100329kousyuu
 
 
 
 写真は、左から以下の市販されている商品です。

 (1)ブレスケア(小豆大の粒、小林製薬)
 (2)スピード・ブレスケア(正露丸の大きさの粒、小林製薬)
 (3)ブレスケア・フイルム(切手大の舌に載せるもの、小林製薬)
 (4)オーラ2(スプレー、サンスター)
 (5)ガム・メディカルドロップ(のど飴大、サンスター)

 これらを、その時の状況に応じて、適宜使い分けています。

 いやはや、とんだ「匂宮」です。いや、「臭う飲み屋」でしょうか。

 来年は数えで還暦でもあり、加齢臭もあると考えて、体臭を消す努力もしています。
 妻と一緒にドラッグストアめぐりをして、柿渋エキスの入った石鹸がいいことがわかりました。そこで、京都と東京で別の種類の柿渋石鹸を使っています。どちらがいいのかわかりませんが。
 
 
 
20100329sekken
 
 
 
 その「柿」がいいということで、昨年の秋には柿をたくさんたべました。奈良に住んでいたときにはあまり食べなかった柿ですが、京都に転居してからは、斑鳩法隆寺の鐘を鳴らす勢いで、柿をよく食べました。
 私にとっては、法隆寺は世界遺産ではなくて、よく子どもを子守に連れて行ったところです。境内に子どもを放し飼いにしていると、修学旅行の女生徒たちがカワイイ可愛いと言って、スナック菓子やチョコレートなどのエサを我が子に与えてくれるのです。一石二鳥の法隆寺にての放し飼いでした。その時でも、柿を食べながら子守をした記憶はありません。
 それはさておき、柿は秋季限定なので、あくまでも季節的な対処に留まります。

 とにかく、柿渋エキス入りの石鹸は、加齢臭には効果があるようです。

 残る問題は口臭です。

 口臭の原因には、舌苔があります。そこで、ベロの表面を掃除する道具を使ったりもしました。タオルで舌を拭けばいい、とも言います。しかし、これはなかなか続きません。

 昨年は、歯の手術を2度しました。それ以後は少しはましになったようです。しかし、2度目の手術を終えた秋以降は、やはり臭うとのことでした。
 とにかく、残るは虫歯しか考えられません。
 そういえば、最近、左下の奥歯のあたりが腫れていることがありました。なんとなく虫歯かな、との思いがあり、今日、歯医者に行って来ました。昨年、急死された院長の歯医者です。若先生のお父さんが見て下さいました。案の定、虫歯が匂いの原因であることがわかりました。またまた、突貫工事です。

 今朝は早くに上京したので、新聞を読むヒマがありませんでした。東京の宿舎で、治療が始まった歯を気にしながら新聞を読んでいて、昨日の朝日新聞に「口臭を手軽にチェック」というミニ情報が掲載されていることに気づきました。
 京都でも東京でも、毎日(?)朝日新聞を読んでいます。妻に電話で問い合わせると、関西でも、確かに日曜日に同じ記事が掲載されているそうです。昨日、京都で見たはずなのに、この記事には気づきませんでした。京都と東京で、同じ新聞を読んでいるので、こうして落ち穂拾いができているのでしょう。

 その問題の口臭計測器は、4月1日にタニタから発売されるとのことです。吸い込み口に息を吹きかけると、口臭のもとになる揮発性硫化物などの濃度を検出するものだそうです。価格は4,200円とのことなので、これまでの苦労を思うと、これは買いでしょう。

 今日行った歯医者といい、この計測器の発売といい、ラッキーな出来事に感謝します。
 この問題は、私がそうだったように、たくさんの方が意識するかしないにかかわらず、微妙な問題なので、あえてこうして書いているしだいです。この記事を、好意的に読んでくださることを望みます。
 
 
 

コメント

口臭外来通院記を書いてます。
http://ameblo.jp/kousyubaibai/
タニタの口臭チェッカー持ってますw
でも、あれ精度ダメダメです。
私が知る限り、自分の口臭を知る一番良い方法は、
マスクをして、隙間をふさいで思い切りハーッとやることでした。
結構原始的ですが・・・

コメントをありがとうございました。
コメントをいただいていることに気付かず、大変失礼いたしました。

タニタのチェッカーは、今月の発売日に何軒かお店を回りましたが、どこにも置いてなくてあきらめていました。
あまり精度が高くないようなので、見つからなくてよかったのかもしれません。

取り急ぎ、ご教示のお礼まで。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008