« 「おけそくさん」という言葉の意味 | メイン | 一年ぶりの運転で高安へお墓参り »

2010年8月14日 (土)

スクーバ・ダイビングを楽しむ

 今日は最初に、基本的なスキルの復習を2つやりました。

 1つは、水中で酸素ボンベの空気が無くなったときのことを想定して、パートナーと予備のオクトパスのマウスピースを貸し借りする練習です。

 次に、マスクに水が入ったときや外れたときのために、マスク内の水をクリアする練習です。今日は、マスクを顔から離した後に水をクリアしたので、呼吸が少し苦しかったように思います。

 とにかく、いずれも無事にOKとなり、後はプールを自由に遊泳しました。
 
 
 
100814syuva0
 
 
 
100814syuva1
 
 
 
100814syuva2
 
 
 
 一昨日よりも身体の力が抜けていたせいか、楽に泳げました。
 プールの水深は1メートル半くらいなので、中性浮力を保ちながら遊泳し続けるのは難しいと思っていました。しかし、水底から40センチくらいの深度を保ちながら、うまく泳ぎ続けることができました。

 BCDという、水面や水中での浮力を調整するジャケットに付いているパワーインフレーターは、今日は一度も操作することなく、つまりジャケットに吸気も排気もすることなく、自分自身の呼吸だけで浮き沈みができました。
 ウエイトは2キロを装着していたので、今日のレンタルウエアにはこれがうまく合っていたのでしょう。

 来週からは入院・手術のため、しばらくはスポーツができません。ダイビングも今年は今日が最後です。
 予定していた白浜のダイビングスポット行きは叶いませんでした。ただし、自宅近くのスポーツクラブでの練習が気楽にできたので、来年につなげることになりました。これで「よし」としましょう。

 そういえば、今年も大好きなテニスを一度もしませんでした。パラグライダーで空高く風に乗るのも、トンとご無沙汰です。

 病院に入るまでに、まだ1週間ほどあります。もう少し体力をつけるために、軽い運動だけは続けるつもりです。
 当分は、これまで通り賀茂川ウォーキングに留めておきます。
 来年から、またいろいろなことにチャレンジすることにしましょう。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008