« 再度のお誘い「源氏物語本文研究の新たな流れ」 | メイン | 何故かくも愚行を誇らしげに »

2010年9月25日 (土)

西国三十三所(3)清水寺

 西国札所巡りも、5巡目は自分のために回ることとなりました。
 リハビリを兼ねて、のんびりと巡拝していきます。

 さて、3つ目に訪れたのは、京都・東山の清水寺です。清水の舞台で有名なので、今でも毎日たくさんの人が訪れます。
 この寺には、洛陽三十三所の集印場所が5カ所もあるので、非常にお得感のあるところです。

 お土産物屋さんで賑わう清水坂を上ると、朱の鮮やかな仁王門が迎えてくれます。
 
 
 
100801niomon
 
 
 

 有名な清水の舞台から京都駅前の京都タワーを臨みました。
 
 
 
100801sigai
 
 
 

 お軸の集印は、釈迦堂の近くでもらいます。
 
 
 
100801saigoku
 
 
 
 御詠歌は、次の通りです。

松風や 
音羽の滝の 
清水を 
むすぶ心は 
涼しかるらん

 本堂と舞台は、洛陽三十三所の泰産寺から眺めるのが一番です。
 
 
 
100801enbou
 
 
 

 この清水寺に関して、私はモミジが黄葉する秋が大好きです。
 母と一緒に家族全員で行ったときの美事な黄葉は、今でも瞼に浮かびます。
 日の光が、葉を金色に染めて透過して来る光景は、仏様の天蓋を思わせました。

 昨日から秋らしくなり、しかも突然に肌寒くなるという気候です。
 今年の清水寺のモミジはどうでしょうか。今から楽しみにしています。
 
 
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008