« びわ湖百八霊場(1)2-岩間寺 | メイン | 西国三十三所(18)施福寺 »

2010年10月18日 (月)

西国三十三所(17)藤井寺

 藤井寺駅前の元気な商店街を通って、西国札所第五番の藤井寺に行きました。
 
 
 

101018_syotengai
 
 
 

 商店街に入ってすぐのところに、遣唐留学生だった井真成の石人形がありました。
 
 
 

101018_manari
 
 
 

 真成は19歳の時、阿倍仲麻呂らと共に渡唐し、36歳の若さで急逝しています。あの玄宗皇帝も、日本人の真成に高位を贈り追悼するほどの有能な官人だったのです。

 その彼の墓誌が、平成16年に中国の西安市で見つかり、テレビなどでも話題になりました。これまで、歴史に確認されていなかった無名の人物が、突然出現したからです。

 真成は、ここ藤井寺の出身です。
 彼は、唐王朝の中央官僚となった人です。墓誌の最後には、

身体はもう異国に埋められたが、魂は故郷に帰ることを願っている。

と記されています。
 さぞかし無念だったことでしょう。

 さて、今日は18日。毎月この日は、藤井寺のご本尊で秘仏の、十一面千手千眼観音のご開帳の日です。
 
 
 

101018_fujiidera1
 
 
 

 幸運にも、ご本尊を拝むことができました。
 たくさんの人がお参りです。すでに縁日の出店は片づけられるところでした。それにしても、この寺は商店街に負けず劣らず、大阪的な活気があります。
 
 
 
101018_fujiidera2
 
 
 

 ご開帳ということもあってか、本堂の内陣には、巡礼姿の善男善女が御詠歌をあげておられました。その分だけ、私のお軸を書いていただくのも待たされました。
 
 
 
101018_fujiidera3
 
 
 

 藤井寺の御詠歌は、次の通りです。



まゐるより
たのみをかくる
ふぢゐでら
はなのうてなに
むらさきのくも


 今から27年前、父が亡くなってすぐに始めた西国三十三所札所巡りは、この藤井寺でお軸をいただき、そこに最初の印をもらってスタートしました。

 初めてのことでもあり、どのお軸にしたらいいか迷いました。結局、観音さまを西陣織りで縫い込んだお軸にしました。
 今回の自分のための札所巡りのお軸は、同じ西陣織ですが、石山寺のものです。
 自分らしくていいのでは、と気に入っています。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008