« 職場のメールアドレスを廃止しました | メイン | キャッシングの返済が大変 »

2011年3月 3日 (木)

江戸漫歩(31)江戸から一転平安の作品となった仏像

 薬師寺東京別院で、「たった9日間だけの特別公開」と銘打って、「文化財保護法制定60周年記念 薬師寺の文化財保護展 —新たに確認・修復された寺宝—」という企画展示がありました。これには、「同時公開 平山郁夫画伯奉納散華原画」とも付されています。 
 
 

110302poster
 
 
 

 この催しのことは、過日、東京国立博物館で平山郁夫展を見に行った時に、会場の出口でいただいたチラシで知りました。

 別院へ行くために降りた五反田駅前には、今も郵便ポストが2つ仲良く並んでいました。
 
 
 
110302post
 
 
 

 このポストのことは、「江戸漫歩(4)怪しい郵便ポスト」で書いたので、ご笑覧ください。

 駅前からすぐの石畳の坂道は、桜の頃がたのしみな上り坂でした。この坂を登ったところに、別院があります。薬師寺の出張所といえばいいのでしょうか。
 
 
 
110302betuin
 
 
 

 入ってすぐに、お亡くなりになった高田好胤さんの銅像がありました。
 
 
 
110302kouin
 
 
 
 好胤さんのお話は、奈良にいた頃に薬師寺が近かったこともあり、よく聴きに行きました。わかりやすい、楽しい語り口でした。父母恩重経の話は、今でも懐かしく思い出します。
 晩年は、勧進を兼ねてテレビなどにもよく出ておられたので、好胤さんをご存じの方も多いことでしょう。
 この銅像は、好胤さんのお姿をよく思い出させてくれるものとなっています。

 まず、お抹茶をいただきました。お菓子は、葛の干菓子(?)で飛天が押し出してあります。
 
 
 
110302okasi
 
 
 

 着物姿の年配の方が椅子席に運んでくださいます。ていねいなお作法でしたが、抹茶の粉がダマになって、底にいくつか大きな丸い玉となって残っていたのが残念でした。
 表千家だと思われます。年配者が多い催しなので、お茶の嗜みのある方はたくさんお越しになると思います。もう少し気配りをして点てられたら、と無責任な立場ながら思いました。

 今回は、初公開の本や仏様が目玉です。
 中でも、聖観音菩薩像は、檜の一木造りです。上掲のポスターの左側の写真がそれです。

 これまでこの仏像は、江戸時代の作になる十一面観音菩薩だとされていました。しかし、修理の過程で、実は平安時代の聖観音が、その頭部を何らかの事情で変更されたものであったことがわかったのです。
 そこで、これを機会にと、もとの聖観音の姿に復元されたものなのです。

 高さ53センチの小さな仏像でした。しかし、その背景に江戸時代の人々の想いや動きが感じられる、印象深い仏様でした。

 もう一つの新発見とされるものは、大般若波羅蜜多経(永恩経)です。
 これは、薬師寺で毎月8日に薬師縁日として講堂で行われる大般若経転読法要で、実際に昭和57年まで使われていたものです。上掲ポスターの中央の写真のものです。

 このお経を調査している過程で、昨年9月に、これが奈良時代のものだったことがわかったのです。しかも、ほとんどの大般若経が版本なのに、これは写本なのです。
 長い間、この奈良時代の写本を、実際の法要でアコーデオンの蛇腹を開くように、派手なパフォーマンスで扇形に開いて転読していたというのです。知らなかったこととは言え、これは驚きです。
 元は、巻物であったようです。それを、江戸時代に折本仕立てしたようです。
 おもしろいことがあるものです。おもしろいことがわかるものです。
 たのしいものを見ることができました。
 こうしたものに出会えるのも、昨夏の手術で命拾いをしたお陰です。

 会場の左側の壁面には、平山郁夫さんが描いた次の散華が展示されていました。


・昭和56年の西塔落慶記念の奉納散華原画(飛天の図、1枚)
・昭和57年の慈恩大師千三百年御記記念の奉納散華原画(三蔵法師・鳳凰・蓮、3枚)
・昭和60年の天武天皇千三百年玉忌記念の奉納散華原画(薬師寺の西塔、3枚)

 この内、西塔落慶記念の奉納散華原画が、木版刷りで印刷して頒布されていました。
 現物を、薬師寺の法要でいただいたように思いますが、この色紙に記された平山さんの散華を、記念にと思いいただいたきました。
 
 
 
110302_sange
 
 
 

 平山さんが描かれる線は、とても優しいので大好きです。
 折々に見られるように、私の部屋の壁に懸かっている額の一つにするつもりです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008