« 末松謙澄の英訳『源氏物語』のその後 | メイン | 江戸漫歩(42)お江戸日本橋へウォーキング »

2011年6月25日 (土)

江戸漫歩(41)楽天地天然温泉「法典の湯」

 JR武蔵野線の船橋法典駅から線路沿いに歩いて5分のところに、楽天地天然温泉「法典の湯」があります。
 住宅地の中です。
 
 
 
110625_houten1
 
 
 

110625_houten2
 
 
 

 土の香りがする源泉かけ流しの温泉が気に入りました。これは、地下1,500メートルから湧き出る天然温泉です。化石海水と呼ばれる塩分の強い泉質とのことで、茶色い泥水を思わせます。いかにも温泉に入った、という気分にしてくれます。

 ここの住所は千葉県市川市なので、江戸ではありません。しかし、今いる宿舎から1時間以内で行けるので、身近な温泉地だといえます。
 東京とその近郊には、このような近年掘られた天然温泉がいくつもあります。
 日帰りに最適なので、折々に温泉巡りをしているところです。

 これまでに行った関東の温泉を、気に入った順に列記しておきます。
 今回の「法典の湯」は、上から2番目というところでしょうか。
 
 
(1)「前野原温泉さやの湯処」(2011年5月 9日 )

(2)楽天地天然温泉「法典の湯」(2011年6月25日)

(3)「東京染井温泉サクラ」(2011年6月7日)

(4)「深大寺温泉」(2011年5月 7日)
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008