« 子供たちの成長を確認した1日 | メイン | 庵の生活をめざして »

2012年1月30日 (月)

再録(10)発車後の新幹線の指定席を発券されたこと


今から14年以上も前の話の再録です。
(出所︰「大和まほろば発 へぐり通信」→「新・奮戦記」→「ハイテク問はず語り」→「2年目(1996.10.1〜1997.9.30)」→「新横浜のみどりの窓口のコンピュータは変!(1997.6.15)」)

 あれから相当時間が経過したので、今ではこのような間抜けな発券はJRもしていないと思います。それにしても、変なことはあるものです。

 この記事の最後で、〈オアシスポケット3〉というワープロ専用機を使って、これが新幹線の中で入力した文章であることがわかります。この〈オアシスポケット3〉を、私はOSレベルでデータベースマシンとしても使っていました。非常によくできた小型パソコンとして、大いに活用していました。今でも、記念に残してあります。



 
 
********************** 以下、再録掲載 **********************
 
◇新横浜のみどりの窓口のコンピュータは変!(1997.6.15)◇
 
 
 少し古い内容ですが、メモが見つかりましたのでアップします。
 新横浜で新幹線の切符を購入したときのことです。

 みどりの窓口で私の順番がまわってきた時間は「15:10」頃でした。新横浜発の京都行き「ひかり」は相当後まで満席だということなので、東京経由で指定席を取ることにしました。窓口のオペレーター氏は手際よくキーを操作して、「最後の一枚が禁煙席で残っていました。」とのこと。

 すぐに新横浜〜東京の自由席券と東京〜京都の指定席券を受け取り、自由席で東京へ。乗り換え時間は充分あるとのことでした。
 東京に着くとすぐに出発ホームを確認しようとして、壁に取り付けられている列車の行き先表示の発車時刻を見たとたん、何が何だかわからなくなって呆然としました。手にしている券面の出発時間は「15:03」となっているのに、駅の発車表示はすべて16時台なのです。
 とっさに、映画「ザ・インターネット」のまねをして、駅の時計表示や発着表示を誰かが混乱させているのかと思いました。
 慌てて自分の時計を見ると、「16:50」なのです。「15:03」発の「ひかり239号」などあるはずがありません。

 気を取り直して、ここまでのことを振り返りました。
 新横浜のみどりの窓口で私の順番がまわってきた時間は「15:10」頃です。発券された時点で、券面に表示された「15:03」の列車は、すでに出発していたことになります。すでに出発した列車の指定席券をコンピュータが発行するとは、どういうことなのでしょうか。
 そんな指定席券を、疑いもせずに受け取った私の不注意は反省しますが、ことはそんな個人の問題ではないと思うのです。

 とにかく、私が乗る列車はないのです。すぐに東京駅のみどりの窓口に駆け込みました。しばらく行列の中に身を置き、ようやく私の番がきました。事情説明をすると、何と事も無げに、


今なら次のグリーン車になり、それなら4千円ほどの追加料金を払ってください。自由席にするなら500円ほどの返金になります。

と、無愛想に言われたのです。

 奥の職員に、「新横浜の○○です。」とささやきかけているのを耳にし、あまりに対応が失礼なので、窓口の担当者の女性の氏名を覚えておくことにしました。
 後ろに人が何人か並んでいるせいもあって、その窓口の方は、とにかくどうするのかをしつこく急がすのです。どうでもいい気持ちになり、自由席券と510円の払い戻しを受け取り、その場を離れることにしました。
 どうにも腑に落ちないので、でたらめな時間で発行された特急指定席券の発券番号を、帰り際にしっかりとその女性から聞き出してメモをしました。
 券面の右下には「06616-01」、左下には「913(3- )と書かれているものでした。

 新横浜のみどりの窓口の左側のコンピュータを操作しておられた方に、この場を借りてお伝えします。その発券機のコンピュータは壊れていますよ。
 あなたがキー入力かキー操作を間違ったとしても、すでに出発している列車の指定席券を発行してしまうコンピュータのそのシステムは、どう考えてもおかしいのです。あなたは、最後の一枚の、それも私が希望する禁煙席で、おまけにロスタイムのない乗り継ぎで京都まで行ける最高にラッキーな指定席券を私に渡すことができて、本当によかったと思っておられたはずなのですから、私も感謝します。だから私は、タイミング良く取れた指定券を、ありがたく受け取ったのです。結果的には、すでに出発した列車の指定席券だったわけですが。

 さて、東京駅で自由席特急券を手にすると、こんどは自由席を待つ行列に並びました。そして、どうにか自由席に座り、今こうして、今しがたあったことを割り切れない思いで、愛用の〈オアシスポケット3〉に入力しています。

 今日は、妻の誕生日であり、父の日です。自宅でお婆ちゃんや妻や3人の子供たちと一緒にお祝いをするはずでした。感謝の気持ちの受け渡しができなくなったことが、非常に残念です。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008