« ウルトラサイン(五十音表)について | メイン | 越智波留香さんの作品展 -2012- »

2012年5月 8日 (火)

糖質ゼロのお酒3種

 糖質制限食を、相変わらず続けています。
 最近は、食前に食べるグレープフルーツの効用に興味を持っています。血糖値の上昇を抑えてくれるようです。これは、気長に様子をみたいと思っている、今注目の果物です。

 糖質制限食では、蒸留酒は適量なら呑んでも構わない、とされています。ウイスキー、ブランデー、焼酎等です。
 とすると、焼酎をグレープフルーツで割ったらいいのでしょうか。まだ試していません。楽しみです。

 2年前に胃を全部摘出してから、お酒が呑めなくなりました。元々そんなに呑む方ではありません。どうにかお付き合いできる、という程度でした。

 京大病院の主治医からは、気分転換になるのでどんどん呑んでもいい、と言われています。そうは言われても、少し呑むと自然に止まってしまいます。一合も呑めたらいい方です。

 一時は、養命酒でお酒を呑む練習をしていました。しかし、糖質制限食の生活になってからは、養命酒も飲まなくなりました。

 最近は、糖質ゼロを謳い文句にするお酒を、修行と称して飲んでいます。
 
 
 

120508_gekkeikan
 
 
 

120508_ozeki
 
 
 

 「月桂冠」は紙パックの大(1.8L)と小(900ml)の2種類があります。
 「大関」は小さな紙パックしか見あたりません。

 また、糖類ゼロの赤ワインもあります。
 ただし、これには炭水化物が100グラム中12.4グラムもあるので、少し敬遠気味に呑んでいます。
 
 
 

120508_wine
 
 
 

 その気になって探せばもっとあることでしょう。しかし、身近なお店で売っていないと意味がないので、今はこの3種類が私の生活圏にある、ということです。

 この他に、チョコレートや羊羹、ハム、ベーコン等々、いろいろな糖質ゼロを標榜する商品がスーパーの棚に並ぶようになりました。

 最近とみに、砂糖漬けの食品が目に付きます。農耕社会になってからはどうしても避けられない、糖質・炭水化物に依存した食生活になりました。それが身体に良くないと自覚する者には、糖質ゼロ食品の普及は歓迎すべき傾向です。

 折々に、そうした商品を記録として残していきます。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008