« ネット社会に対応したクリニック体験 | メイン | ソフトバンクのポケットWi-Fi を解約〈その1〉 »

2012年11月 8日 (木)

人騒がせな集団健診の結果

 先月受けた健康診断の報告書が届きました。その検診結果を受けて、眼科を受診することにしました。

 今回受け取った「健康診断報告書」の「所見欄」に、次の記載があったからです。


両眼視神経乳頭陥凹拡大(緑内障)疑い
両眼写真不鮮明で白内障の疑い疑い〈ママ〉」

 「緑内障」とか「白内障」と書いてあれば、これは放置できません。
 また、矯正視力が、「右1.5、左0.6」と記されています。昨年の欄には、「右1.0、左1.2」と印字されています。左目がずいぶん悪くなったようです。

 「各検査判定コメント」には、こんなことが書いてあります。


【眼底】異常が疑われますので、眼科受診をお勧めします。
【視力】視力の低下がみられます。矯正器具を使用されるか、すでに使用している方は器具の調整をお勧めします。

 最近、ものが見づらくなったのは、急激に眼底に変化があったのかもしれません。
 それというのも、今夏7月、糖尿病で検査入院した京大病院の眼科の検査では、特に問題は指摘されませんでした。
 次回の眼科の検査は、1年後の7月に予約が入っています。私の眼に異常あり、ということであれば、それは今夏7月以降のことだということになります。

 これまで、東京で受診した眼科は、九段坂病院だけです。人間ドックも含めて、これまでの記録があるはずなので、念のために思い切って行きました。

 眼底検査も含めて、診察の結果はまったく問題なし、とのことです。メガネが合わないだけだったようです。メガネ屋さんで調整してください、と言われました。
 集団健診は意外といいかげんですから、とも。ということは、逆に病気を見逃すことも多いということになります。
 今後は、小まめに京大病院と九段坂病院に通うことにします。

 帰り道、田安門の傍の木々は紅葉を始めたところでした。
 
 
 

121108_kouyou
 
 
 

 眼は大切にしているつもりだったので、何事もなくてホッとして職場へと急ぎました。

 I先生、K先生、Oさん、人間ドックに行かれましたか。
 前にもお話したように、私は2年前の5月に人間ドックに入る予定が、都合で2ヶ月遅らせて7月になりました。そして、即座に出来立てと思われる胃ガンが見つかりました。もし予定通り、5月にドックに入っていたら、恐らくガンの発見はもう1年延びて、手遅れになる可能性もあったのです。
 運ということから言えば、私は結果的に幸運でした。こんなことがあるのです。

 私は、何かあるとすぐに病院へ行くので、その意味では大病に至るのを未然に防いでいるといえるでしょう。
 とにかく、こまめに健康チェックをするに越したことはありません。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008