« 投稿2千件一覧(3)〈ブラリ/京洛逍遥/古都/江戸/銀座〉 | メイン | 素直に祝えない「古典の日」に伊井語りを堪能する »

2012年11月 1日 (木)

本ブログの閲覧数が【333,333】になる

 本日、京都に住むようになってから書き続けている本ブログのアクスセス数が、きれいに「3」が並んだ【333,333】になりました。午後7時半過ぎでした。いつかは通過する数字です。しかし、それを目にすることができて、ありがたいという感謝の念と共に、元気づけられる後押しの力も感じています。

 「本ブログ30万アクセスに感謝」(2012年7月15日)を書いてから110日間に、33,333件のアクセスをいただいたのです。毎日300件以上も閲覧されている、ということです。1回のアクセスで何件かの記事を読んでくださっているようなので、実際に読まれている記事の件数は、この数倍になると思われます。

 たくさんの方々に読んでいただいていることは、書いている私にとっては励みになります。
 本ブログの「プロフィール」に、次のように書きました。


 『源氏物語』に関する情報の収集と整理、井上靖の作品の卒読、そして、海外との文化交流のお手伝いをすることが、私の人生における終盤の取り組みだと思っています。
 この世に生存していたことの証明も兼ねて、日々の雑録を記します。

 私という人間がこの世にいたことは、これでなにがしかの意義を持たせることができた、と思うことにします。ただし、これで満足することなく、自分自身の研究生活を活性化するためにも、これまで通り、マイペース、スローペースを守っていくつもりです。

 今後とも、とにかく淡々と書き続けていきたいと思います。
 これまでと変わりなく、おついでの折にご覧いただき、多くの方々とコメント欄を通して意見交換ができれば、それに越したことはありません。いただいたコメントは、あまり公開していません。この点はご寛恕のほどをお願いします。

 おもしろ半分に始めたブログが、このように望外の展開となり、困惑すると共に辞められないというプレッシャーも感じます。しかし、そんなことに拘ることなく書き続けますので、折々にクリックしていただければ幸いです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008