« 斜位を見逃されメガネを作り直す | メイン | 井上靖卒読(153)年末年始の短編小説4編 »

2012年12月29日 (土)

河内高安へ年末のお墓参り

 早朝より、市バス・阪急・地下鉄・近鉄を乗り継いで、河内高安にあるお墓にお参りして来ました。
 今日は晴天で暖かかったこともあり、気持ちのいい墓参となりました。

 最寄り駅である信貴山口駅は、初詣の準備も整っていました。国宝「信貴山縁起絵巻」で有名な朝護孫子寺は、虎で知られており、阪神タイガースの守護神なのです。高安山に昇るケーブルカーにも、かわいい虎さんが描かれています。
 
 
 

121229_sigisanguti
 
 
 

 お墓から大阪平野を見下ろすと、快晴であれば小豆島から四国までが見えます。今日は曇っていたので、堺の方までしか見渡せません。
 
 
 

121229_view
 
 
 

 手前左手に、私が通っていた南高安小学校と南高安中学校があります。この高安山の麓は、私が小学生時代に「忍者部隊月光」ごっこをした遊び場です。この山を駆け上ったりして遊んでいました。高安の里が『伊勢物語』の舞台であることは、中学時代に知りました。

 帰りに、鶴橋駅前の回転寿司屋さんで昼食です。この店には、山盛りの海鮮サラダがあるのです。これで500円ほどです。
 
 
 

121229_salada
 
 
 
 全国の寿司屋さんは、糖尿病患者をこれ以上増やさないためにも、メニューに野菜サラダを積極的に置くようにしてほしいものです。あまりにも、野菜サラダを置く寿司屋さんが少なすぎます。
 私は、回転寿司屋さんでは必ず野菜サラダを注文します。9割9分は置いてないと言われます。しかし、言い続けている内に、その意味に気付いてもらえることを期待して、あえて注文しています。
 炭水化物に対する意識向上のために、日々ささやかな運動をしているところです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008