« 京洛逍遥(257)府立総合資料館で見る翻刻の実体 | メイン | 大津直子著『源氏物語の淵源』(おうふう) »

2013年2月24日 (日)

三井住友銀行に口座を開設できました

 一昨日は、京都駅前のメルパルクで総合研究大学院大学の教授会が開催されました。
 毎年、秋は東京で、春は京都で開催されます。

 毎度のことながら、100人以上もの出席者の意思を確認しながら議事を進行される議長のご苦労には、学ぶべき事が多いのです。今回もそうでした。完璧な議事進行のルールなどはないので、今後とも検討すべき課題がいろいろとあるのです。みんなでルールを決めることは、会議の運営としては正常なありようです。

 会議の後、京都駅の北側にある東本願寺南東角にある、「すき家」烏丸七条店に行き、間食をいただきました。
 「すき家」と言えば、当然、糖質制限食である「牛丼ライト」です。
 
 
 
130222_sukiya
 
 
 

 ここの「牛丼ライト」は、ツユが多かったように思います。私は名前に「鉄」が付くのに、鉄分が不足しているのです。一緒に「ひじき」を追加しました。
 ここの「牛丼ライト」は、少しだけ温めてある感じがしました。もっとしっかりと温めてほしいものです。
 
 その後、すぐそばのヨドバシカメラで、iPhone と iPad mini のアクセサリーを買いました。
 着々と、デジタルデバイスによる情報管理が進行しています。
 
 さて、先週、三井住友銀行から突然電話があり、口座開始にゴーサインが出た、とのことでした。
 審査を急いでもらえたようです。意外に早く結果が出たので、驚きと安堵が入り交じります。

 持参する書類は、再度、法人の印鑑証明・登記事項証明・銀行届出印・身分証明のための保険証と免許証・事務所の建物の謄本でした。
 朝9時に私の家屋の謄本を取りに、あの! 法務局へ行きました。
 家屋の謄本は、誰でも、いつでも、印鑑も身分証明もなしに、自由にとれるのです。1通700円です。
 家の情報は、すべて公開されているのだそうです。

 次に、税務署へ行きました。確定申告の人で賑やかです。
 法人設立に伴い、税務関係の書類を提出しました。
 この時、2枚複写の用紙にカーボン紙を使って書くように言われました。そして、受け取ったカーボン紙を下に敷いて書きました。ところが、何十年ぶりかに使ったこともあり、裏表を間違えたために、2枚目の正本には何も文字が写っていませんでした。何とも、みっともないことです。

 それにしても、今やノーカーボンに慣れてしまっていて、この昔懐かしいカーボン紙の使い方をすっかり忘れてしまっていたのです。溜息交じりで、筆圧しか残っていないもう1枚の用紙に、同じことをもう一度書きました。
 
 その申請受付書を持って、10時に三井住友銀行京都支店へ行き、口座開設の手続きをしました。
 書類のやりとりで、少し時間がかかりました。しかし、無事にお昼までに新しい銀行通帳がもらえました。

 インターネットバンキングについては、三井住友銀行ではマッキントッシュに対応していないとのことなので、マックユーザーの私は申し込むことすらできません。マックユーザーは締め出しなのです。
 窓口の方には、一応、利用者を差別しないでほしいと、ほんの一言だけ厭味は言っておきました。

 この三井住友銀行も京都銀行も、法人口座の場合のネットバンキングについては、何かと手数料や利用料金が設定されています。個人口座の場合は、無料でネットを活用した預金管理ができます。しかし、法人口座はそうではないことを、今回初めて知りました。いろいろと法的な問題があるのでしょう。詳しくはわかりません。とにかく、ヘーッの連続です。

 ゆうちょ銀行は、ネットが無料で自由に使えます。これは、ありがたいことです。

 それはともかく、三菱東京UFJ銀行に見切りをつけて、三井住友銀行に取り扱い銀行を変更して正解でした。気持ちよく口座が開設できたのですから。

 以下にあげるのが、今回の口座番号です。
 会費などの振り込み・入金にご利用いただければ幸いです。


取引銀行:三井住友銀行 京都支店
取引店番:496
口座番号:8925177
口座名義:トクテイヒエイリカツト゛ウホウシ゛ンケ゛ンシ゛モノカ゛タリテ゛ンシシリヨウカン
   特定非営利活動法人源氏物語電子資料館
   (山カッコがないことにご注意ください)

 これで、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉設立に関する事務的な手続きは、すべて終了となりました。
 いろいろなことがあり、遠回りをしたようにも思います。しかし、着実に法人設立が完遂しました。

 関係者のみなさま、ありがとうございました。
 そして、今後とも、ご理解とご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008