« 江戸漫歩(66)畠山記念館で即翁の朝茶事展 | メイン | 歯医者さんで手術を受けて来て »

2013年9月 8日 (日)

オリンピック東京招致決定で思うこと

 今朝方、2020年のオリンピックが東京で開催されることが決定しました。
 前回の東京大会は昭和39年(1964)だったという報道を聞き、その時に自分が何をしていたのか、思いを廻らせました。

 これが、なかなか思い出せないのです。
 マラソンのアベベの優勝と、女子バレーボールの優勝と、三波春夫の「東京五輪音頭」が最初に思い浮かびました。市川崑監督の「東京オリンピック」という映画を、学校の体育館で観ました。「ウルトラC」ということばも、その時に覚えました。今はそれくらいです。さらに情報を得れば、たくさんのことを思い出すことでしょう。

 自分の昭和39年を、今しがた紙にメモを取りながら、何年生だったかを確認しました。
 ちょうど大阪府八尾市立南高安中学校に入学した年です。中学1年生だったのです。

 私は、小学校の6年生の夏休みに南高安小学校へ転校して行ったので、まだ八尾の地には1年にも満たない頃です。
 小学校4年生まで島根県出雲市立古志小学校に通い、5年生から大阪市立菅原小学校に移り、間もなく奈良県境の八尾市に転居したのです。

 子供とはいえ、新しい生活に慌ただしかったこともあるのか、たくさんのできごとや出会いがあったのか、前回のオリンピック東京大会は私にはあまり思い出がありません。

 我が家にテレビがついたのは、小学校5年生の頃からです。オリンピックの2年前。家で観たテレビといえば「ひょっこりひょうたん島」がまず最初に思い出せます。
 ちなみに、家に電話がついたのは、高校を卒業してすぐ、私が東京に出た年なので、昭和45年です。

 さて、今回の東京大会の会場をあらためて確認すると、なんと私が平日いる宿舎の近くに選手村ができるようです。バレーボール、テニス、水泳、体操の会場へは、自転車で行けます。
 ラッキー、と思いきや、自分の定年のことを忘れていました。

 私は昭和26年(1951)生まれなので、定年は平成29年(2017)3月です。ということは、次の東京オリンピックの2020年に、私は東京にはいないのです。京都の自宅で、賀茂川を毎朝毎夕、気ままに散歩している頃です。
 おそらく、オリンピックを観るために上京することはないと思われます。観るとしたら、テニスぐらいでしょうか。

 そう考えると、少し残念です。
 それはともかく、このオリンピックの招致は、若者たちには最高の贈り物だと思います。そして、海外の方々に、日本の文化に対する理解を深めていただく、絶好の機会だと思います。

 NPO法人〈源氏物語電子資料館〉の東京のメンバーが、海外から来る方たちに『源氏物語』と文化について伝える活動をしてくれたら、と願っています。
 当然、京都のメンバーも何か仕掛けると思います。
 楽しみが増えました。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008