« 東京で『十帖源氏』を読む「若紫」(その2) | メイン | 『源氏物語』に関連する最新情報3つ »

2014年2月26日 (水)

伊藤科研の第2回研究会を京都で開催

 海外における『源氏物語』と平安文学をテーマとする伊藤科研では、本日、第2回の研究会を京都駅前の「キャンパスプラザ京都」で開催しました。

 第1回については、「伊藤科研の第1回研究会を国文研で開催」(2014/2/3)で報告したとおりです。

 本日の第2回研究会は、以下の要項で実施しました。


日時:2014年2月26日(水)
場所:キャンパスプラザ京都・第2演習室(5階)
内容︰
 ・挨拶(伊藤鉄也)
 ・自己紹介
 ・科研の趣旨説明(伊藤鉄也)
 ・2013年度の研究報告(淺川槙子)
 ・2月3日開催の第1回研究会の報告(伊藤鉄也)
 ・当科研のホームページの説明(加々良惠子)
 ・2014年度の研究計画(伊藤鉄也)
 ・連絡及び打ち合わせ

 関西のメンバー10人全員が集まりました。
 内容は、前回の東京開催とほぼ同じです。

 回覧した『日本古典文学翻訳事典1〈英語改訂編〉』(試作版)は、前回よりも完成度を上げたものです。現在、すでに印刷に回っており、初稿待ちの状態にあります。

140226_honyaku1


 また、「伊藤科研のホームページ」がほぼ完成しました。

140226_hp


 これは、日本学術振興会に一昨年提出した申請書類に記載した事項を、現在はそのまま流し込んだ状態です。まだ暫定版です。
 これで、情報発信の入れ物はできました。今後は、ここに新しい情報や研究成果を盛り込んでいくことになります。

 このホームページのデザインは、プロの方にお願いしました。すっきりとしたいいデザインなので、私は気に入っています。これからは、中身の充実に専念します。

 このホームページを活用して、海外の方々と情報を共有する中で、コラボレーションを展開していくことにします。
 折々にご覧いただき、コメントをお寄せいただければ幸いです。さらには、情報を提供していただくことにより、より多くの方々に平安文学の情報をお知らせする役割も果たしていきたいと思っています。

 年の時を温めて、本科研も本格的にスタートできました。
 今後発信する情報を、楽しみにお待ちいただきたいと思っています。
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008