« 井上靖卒読(180)「花のある岩場」「幽鬼」 | メイン | 山梨の石和温泉でひと休み »

2014年5月10日 (土)

転居(3)「源氏物語余情」1996年1月分・3月分

 「転居(2)」を受けての、〈旧・源氏物語電子資料館〉の記事「源氏物語余情」の引っ越しです。

 今回は、1996年1月分と3月分です。
 今から18年前の『源氏物語』に関する情報を、ここに記録として留めておきます。

--------------------------------------


◎(13)96.1.11 保坂本源氏物語(伊井春樹編、おうふう、全12巻・別巻索引1巻)の刊行が開始されました。既刊第1・2巻[各18000円]で、毎月1巻刊行です。
 東京国立博物館蔵の重要美術品の影印版です。中半以降の36帖は鎌倉期の古写本で、いわゆる別本とされる本文を持つものとして注目されています。

--------------------------------------

◎(14)96.3.13 株式会社CRC総合研究所発行の『CRCコミュニケーション 1996.3 No.342』の巻頭記事〈伝達人〉に、本〈源氏物語電子資料館〉の紹介記事が掲載されました。
 「日本文学研究者から世界へ向けて情報発信 〜源氏物語とインターネット〜」というタイトルです。
 
◎(15)96.3.16 3月15日21:02〜22:52の関西テレビ(8チャンネル)の〈金曜エンタテイメント〉で『源氏物語』を絡めた推理ドラマが放映されました。
 タイトルは「山村美紗サスペンス 京都紫式部殺人事件・平安絵巻をめぐる愛と謎!祇園の水が解き明かす芸妓志乃、その出生の秘密とは……」。思わせぶりなタイトルに惹かれて拝見しましたが、私としては原作の読み物同様に失望しました。
 
◎(16)96.3.25 1996年1月29日付の朝日新聞に「紫式部の万葉酒」の記事がありました。
 神戸市を中心にした市民グループ「紫式部米を育み、万葉酒を醸す会」が、薄い紫色の酒を造るとのこと。
 2月中旬にできあがるとありますが、その後のニュースをご存じの方はいらっしゃいませんか。


--------------------------------------
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008