« 京都で『十帖源氏』を読む「明石_その6」 | メイン | 江戸漫歩(86)背中を意識して国営昭和記念公園を歩く »

2014年9月 9日 (火)

鳥取・日南町でハーバード大学本「須磨」を読む勉強会のお知らせ

 今週末に、池田亀鑑生誕の地である鳥取県日野郡日南町で、『源氏物語』の古写本を読む勉強会を開催します。


■企画名称:鎌倉時代の『源氏物語』古写本を読んで池田亀鑑を追体験してみよう(第2回)
■講師:伊藤鉄也(NPO法人〈源氏物語電子資料館〉代表理事)
■開催日時:平成26年9月13日(土)午後2時〜3時半
■体験会場:ふるさと日南邑(鳥取県日野郡日南町神戸上)
■主催:池田亀鑑文学碑を守る会
■後援:NPO法人〈源氏物語電子資料館〉
■協力:ノートルダム清心女子大学(日本語日本文学科・原豊二ゼミ)

 これは、本年6月の第3回池田亀鑑賞授賞式の後で、新しい企画として実施した「鎌倉時代の『源氏物語』古写本を読んで池田亀鑑を追体験してみよう」を受けて、第2回目として開催するものです。

 前回の勉強会の案内は、本ブログ 「第3回「池田亀鑑賞」授賞式のお知らせ」(2014年06月18日)の後半で紹介した通りです。

 また、「第3回池田亀鑑賞授賞式」(2014年06月29日)の記事の後半で、その勉強会の様子などを詳細に報告しました。

 前回は、ハーバード大学本の第52巻「蜻蛉」の巻頭部分を読みました。
 今回は、同じハーバード大学本でも、第12巻「須磨」の巻頭部分を読みます。
 ハーバード大学蔵「須磨」巻については、「米国ハーバード大学蔵『源氏物語』の写本」(2013年11月25日)で紹介しましたので、併せてご覧ください。


131124_harvard


 なお、今回のイベントは、日南町及び周辺地域のみなさま方を対象とすると共に、ノートルダム清心女子大学の原豊二先生のゼミ合宿の中で実施するものとなっています。
 どなたでも自由に参加していただけます(無料)。
 ただし、会場や資料の準備の都合がありますので、参加希望者は、開催前日の12日(金)午後5時までに、本ブログのコメント欄を利用して参加の意向をお知らせください。

 この企画は、今後とも継続して実施します。
 第3回については、追ってお知らせいたします。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008