« 第38回国際日本文学研究集会のお知らせ | メイン | 日比谷図書文化館でハーバード本を読む(2) »

2014年10月29日 (水)

立川市中央図書館で聞いた視覚障害者への対応

 先週日曜日に、立川市中央図書館で『源氏物語』のお話をしたご縁で、視覚障害者(以下、触常者)の担当部署にいらっしゃる職員の方に、本日、親しくお話を伺うことができました。


141029_tosyokan


 先週は、同じ部署の斎藤さんに、図書館の3階にある点字室と録音室を見せていただいていました。今日は、その時にお目にかかれなかった、福島さんと早坂さんに、長時間にわたりお話を伺えました。
 夕方から夜にかけて利用者が多いお忙しい時間帯に、私の頭が満杯になるほど、貴重なご教示をいただきました。ありがとうございました。

 以下、伺ったことを忘れないうちに書き留めておきます。
 知り得たことがあまりにも多いので、未整理で順不同です。今はまだ、障害のある方々について勉強中です。その過程での備忘録であることを、お断りしておきます。

 立川市中央図書館の入口には、2本の白杖があります。


141029_tue


 この使い方を、まず教えていただきました。手元のスイッチを入れると、フロアに埋め込まれたセンサーと同期して、現在いる場所を天井から声で教えてくれるのです。


141029_tue2


 こうした設備が、全国の図書館にどれだけ普及しているのか、今はわかりません。触常者は各自がご自分の白杖を持っておられるし、1人ではなく身内の方やヘルパーの方と一緒に来館されることが多いので、その利用効果は不明です。しかし、施設内を独りで行動する場合には、役立つはずです。

 この立川市中央図書館で、パンディキャップサービスの利用登録者は80名ほどだそうです。利用できるのは、原則として立川市に在住・在勤・在学している方だけです。登録しただけの方がいらっしゃるとしても、予想したよりも多いと思いました。

 実際の利用者は、高齢者が多くて若い人は少ないようです。デジタルのオーディオやビジュアル機器が家庭や個人に普及した今、障害のある方が図書館を利用する役割に思いを巡らせました。生活環境がデジタル化により激変しています。若者の図書館利用についても、今後とも考えていくことが多いように思えます。
 そんな実状もあり、利用される図書資料は、高齢者が好む池波正太郎や平岩弓枝等々、時代小説が中心となっているようです。

 収蔵されている録音資料としてのカセットテープやCD―ROMは、郵送による貸し出しもされていました。第4種郵便なので、往復共に無料です。職員による自宅への宅配もあるようです。


141029_racck


 CD―ROMの音源はMP3であり、SDカードで保有する図書館もあるそうです。録音メディアは今の時代に対応しつつあるようです。音楽プレーヤーやスマートフォンの普及を見ると、当然のことなのでしょう。

 点字図書、録音図書などの貸し出し以外に、リクエストに応えられる希望図書がない場合には、新たに図書館として作成したり、全国の公共図書館から取り寄せておられました。この図書館で作成されたCD—ROMが多数あることには感動しました。地域のボランティア組織などが、リクエストに応じて録音や点訳を積極的にしておられるのです。この地道な努力は、もっと多くの方々に知ってほしいと思いました。

 そんな中で、棚に『源氏物語を読み解く100問』(伊井春樹著、NHK 出版)を朗読してCD—ROMに収録したものがありました。こんな形で伊井春樹先生のご著書に出会えるとは。


141029_iicd


 この本が刊行されたのは源氏物語千年紀の2008年です。録音されたのは2009年なので、ちょうど伊井先生が国文学研究資料館の館長をなさっていた時期にあたります。まだ著作権が改訂される前なので、録音の承諾については NHK 出版の担当部局に行かれたとの記録も見せていただきました。
 このことを伊井先生がご存知なのか、今度お目にかかった時にでも伺ってみます。

 さらに棚には、与謝野晶子の『源氏物語』や、林望さんの『謹訳源氏物語』もありました。


141029_genjicd


 林望さんは、国文学研究資料館がイイノホール (東京都千代田区内幸町2-1-1)で開催する明後日の11月1日・古典の日のイベントで、「紫上をめぐって」と題して講演をなさいます。もしお話をする時間がありましたら、このことを話題にしてみたいと思います。

 まだ文学に関する視聴覚情報を収集し出したばかりです。古典文学に関する点字図書や録音図書が少ないのは仕方がないにしても、その現状だけでも整理して確認しておきたいものです。

 字書や辞書につていも、触常者はどのようにして言葉を調べておられるのか、まだ私にはよくわかりません。多くの若手の触常者は、ネットを使って言葉の意味を調べておられるのでしょうか。

 ハーバード大学本『源氏物語』を一緒に読もうとしている私は、変体仮名の字書と、簡単な古文の解説書が必要だと思っています。併せて、古語辞典をどうするのか等々、いろいろと自分への課題が浮上してきました。一つずつ解決していきたいと思います。

 なお、中央図書館には、対面朗読もあります。
 ただし、3日前までの予約で1回2時間、というのは、録音図書を自宅で利用することと比べてどうなのでしょうか。対面ということで、読み手との会話の意義はあっても、読書の原則は一人静かに読みふけるのが楽しい、と思う私には、録音図書を選んでしまいそうです。もっとも、目が見えない日々を思うと、対面朗読の利点をもっと理解すべきかとも思います。まだ、今の私には不勉強のためもあって、そのあたりの様子や違いが実感としてはよくわかりません。

 録音図書については、日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が運営する「サピエ」というサイトを教えていただきました。ここは、点字図書や録音図書の書誌データ(約89万件)の宝庫です。今年の6月3日からは、国立国会図書館の「視覚障害者等用データ送信サービス」の音声デイジーデータ及び点字データを「サピエ」からも利用できるようになっています。さらに、耳で観る映画「シネマ・デイジー」の情報もありました。

 試しに「サピエ図書館」で、『源氏物語』をデイジーデータ検索で探してみたところ、94件がヒットしました。
 また、同じく『源氏物語』を点字データ検索をしたところ、177件がヒットしました。
 「サピエ図書館」からは、検索結果によっては音源をダウンロードできるのです。いずれ、このことについても、さらに詳しく報告できると思います。

 本日(2014年10月29日(水))時点での情報ですが、参考までのそのすべてを以下に列記しておきます。
 このリストを見ながら、またしばし考えたいと思います。
 

◆デイジーデータ◆

1,愛と野望下巻源氏物語絵巻を描いた女たち,長谷川美智子著
2,あさきゆめみし2源氏物語(講談社青い鳥文庫),大和和紀原作・絵時海結以文
3,あさきゆめみし3源氏物語(講談社青い鳥文庫),大和和紀原作・絵時海結以文
4,あさきゆめみし4源氏物語(講談社青い鳥文庫),大和和紀原作・絵時海結以文
5,あさきゆめみし5源氏物語(講談社青い鳥文庫262?5),大和和紀原作・絵時海結以文
6,医者が診つめた「源氏物語」,鹿島友義著
7,翁秘帖・源氏物語,夢枕/獏著
8,恐ろしや源氏物語,早坂暁著
9,男読み源氏物語(朝日新書123),高木和子著
10,記憶の中の源氏物語,三田村雅子著
11,霧ふかき宇治の恋上巻新源氏物語(新潮文庫),田辺聖子著
12,霧ふかき宇治の恋下巻新源氏物語(新潮文庫),田辺聖子著
13,謹訳源氏物語1,[紫式部著]林望[訳]著
14,謹訳源氏物語2,[紫式部著]林望[訳]著
15,謹訳源氏物語3,[紫式部著]林望[訳]著
16,謹訳源氏物語4,[紫式部著]林望[訳]著
17,謹訳源氏物語5,[紫式部著]林望[訳]著
18,謹訳源氏物語6,[紫式部著]林望[訳]著
19,謹訳源氏物語7,[紫式部著]林望[訳]著
20,謹訳源氏物語8,[紫式部著]林望[訳]著
21,謹訳源氏物語9,[紫式部著]林望[訳]著
22,謹訳源氏物語10,[紫式部著]林望[訳]著
23,謹訳源氏物語私抄11味わいつくす十三の視点,[紫式部著]林望[訳]著
24,源氏物語時代が見える人物が解る戦後最高の入門書,風巻景次郎,清水好子著谷沢永一解説
25,源氏物語4版千年の謎(角川文庫),高山由紀子[著]
26,源氏物語上(日本古典文庫4),紫式部[著]与謝野晶子訳
27,源氏物語[分冊1],[紫式部][著]今泉忠義,森昇一,岡崎正繼編
28,源氏物語第1巻桐壷〜賢木(ちくま文庫お39?4),[紫式部著]大塚ひかり全訳
29,源氏物語上巻,村山リウ訳
30,源氏物語上(少年少女古典文学館第5巻),紫式部原作瀬戸内寂聴著
31,源氏物語中(日本古典文庫5),紫式部[著]与謝野晶子訳
32,源氏物語第2巻花散里〜少女(ちくま文庫お39?5),[紫式部著]大塚ひかり全訳
33,源氏物語[分冊2],[紫式部][著]今泉忠義,森昇一,岡崎正繼編
34,源氏物語下(少年少女古典文学館第6巻),紫式部原作瀬戸内寂聴著
35,源氏物語中巻,村山リウ著
36,源氏物語2千年の謎(角川文庫),高山由紀子[著]
37,源氏物語下(日本古典文庫6),紫式部[著]与謝野晶子訳
38,源氏物語第3巻玉鬘〜藤裏葉(ちくま文庫お39?6),[紫式部著]大塚ひかり全訳
39,源氏物語下巻,村山リウ著
40,源氏物語第4巻若菜上〜夕霧(ちくま文庫お39?7),[紫式部著]大塚ひかり全訳
41,源氏物語第5巻御法〜早蕨(ちくま文庫お39?8),[紫式部著]大塚ひかり全訳
42,源氏物語第6巻宿木〜夢浮橋(ちくま文庫お39?9),[紫式部著]大塚ひかり全訳
43,『源氏物語』への誘いその魅力の源泉を探る(21世紀ブックレット9),高柳美知子著
44,源氏物語を知っていますか,阿刀田高著
45,源氏物語を読むために,西郷信綱著
46,『源氏物語』が読みたくなる本,山本淳子編
47,源氏物語九つの変奏(新潮文庫え?10?52),江国香織,角田光代,金原ひとみ,桐野夏生,小池昌代,島田雅
48,『源氏物語』の男たちミスタ?・ゲンジの生活と意見,田辺聖子著
49,源氏物語の女君たち,瀬戸内寂聴著
50,源氏物語の結婚平安朝の婚姻制度と恋愛譚(中公新書2156),工藤重矩著
51,源氏物語の女性たち(小学館ライブラリー3),秋山虔著
52,源氏物語のすすめ(講談社現代新書),村山リウ著
53,源氏物語の論(AKIYAMAKENSelection),秋山虔著
54,源氏物語の脇役たち,瀬戸内寂聴著
55,源氏物語人殺し絵巻(文春文庫),長尾誠夫著
56,源氏物語百華五十四帖すべての謎を解く,左方郁子,佐藤英子著
57,古典基礎語の世界源氏物語のもののあはれ(角川ソフィア文庫),大野晋編著
58,殺人源氏物語(カッパ・ノベルス),斎藤栄著
59,散歩とカツ丼(ベスト・エッセイ集2010年版),日本エッセイスト・クラブ編
60,じっくり見たい『源氏物語絵巻』(アートセレクション),佐野みどり著
61,死ぬのによい日だ(ベスト・エッセイ集2009年版),日本エッセイスト・クラブ編
62,十二単衣を着た悪魔源氏物語異聞,内館牧子著
63,潤一郎訳源氏物語巻1改版(中公文庫),[紫式部著]谷崎潤一郎訳
64,潤一郎訳源氏物語巻2改版(中公文庫た30?20),[紫式部著]谷崎潤一郎訳
65,潤一郎訳源氏物語巻3改版(中公文庫),[紫式部著]谷崎潤一郎訳
66,潤一郎訳源氏物語巻4改版(中公文庫),[紫式部著]谷崎潤一郎訳
67,潤一郎訳源氏物語巻5改版(中公文庫),[紫式部著]谷崎潤一郎訳
68,小説一途ふたりの「源氏物語」(the寂聴),田辺聖子,瀬戸内寂聴著
69,掌編源氏物語,馬場あき子著
70,新源氏物語上巻(新潮文庫),田辺聖子著
71,新源氏物語中巻(新潮文庫),田辺聖子著
72,新源氏物語下巻(新潮文庫),田辺聖子著
73,すらすら読める源氏物語上,瀬戸内寂聴著
74,すらすら読める源氏物語中,瀬戸内寂聴著
75,すらすら読める源氏物語下,瀬戸内寂聴著
76,21世紀によむ日本の古典6源氏物語,[紫式部著]中井和子[訳]著石倉欣二絵
77,日本の心と源氏物語(シリーズ古典再生2),岡野弘彦編
78,日本の古典をよむ9源氏物語上,[紫式部著]阿部秋生,秋山虔校訂・訳
79,日本の古典をよむ10源氏物語下,[紫式部著]阿部秋生,秋山虔校訂・訳
80,女人源氏物語1,瀬戸内寂聴著
81,女人源氏物語2,瀬戸内寂聴著
82,女人源氏物語3,瀬戸内寂聴著
83,女人源氏物語4,瀬戸内寂聴著
84,女人源氏物語5,瀬戸内寂聴著
85,半日で読む源氏物語,吉野敬介著
86,光源氏になってはいけない源氏物語「悪目立ち」せず生きていく作法,助川幸逸郎著
87,平安の気象予報士紫式部:『源氏物語』に隠された天気の科学,石井和子[著]石井,和子,アナウンサー
88,紫式部の恋「源氏物語」誕生の謎を解く(河出文庫こ12?2),近藤富枝著
89,紫の結び1源氏物語,[紫式部著]荻原規子訳
90,紫の結び2源氏物語,[紫式部著]荻原規子訳
91,望月のあと覚書源氏物語『若菜』,森谷明子著
92,雪折れ,圓地文子著
93,私が源氏物語を書いたわけ紫式部ひとり語り,山本淳子著
94,私の源氏物語宿命の女性たち,上山伶子

--------------------------------------

◆点字データ◆

1,愛する源氏物語,俵万智著
2,あさきゆめみし3源氏物語(講談社青い鳥文庫262?3),大和和紀原作・絵時海結以文
3,あさきゆめみし4源氏物語(講談社青い鳥文庫),大和和紀原作・絵時海結以文
4,あさきゆめみし5源氏物語(講談社青い鳥文庫),大和和紀原作・絵時海結以文
5,絵草紙源氏物語(角川文庫),田辺聖子文岡田嘉夫絵
6,翁?OKINA秘帖・源氏物語,夢枕獏著
7,翁?OKINA秘帖・源氏物語(角川文庫),夢枕獏著
8,恐ろしや源氏物語,早坂暁著
9,男読み源氏物語(朝日新書123),高木和子著
10,カラダで感じる源氏物語(ちくま文庫),大塚ひかり著
11,季語で読む源氏物語,西村和子著
12,季語で読む源氏物語,西村和子著
13,霧ふかき宇治の恋上新源氏物語,田辺聖子著
14,霧ふかき宇治の恋下新源氏物語,田辺聖子著
15,謹訳源氏物語1,[紫式部著]林望[訳]著
16,謹訳源氏物語2,[紫式部著]林望[訳]著
17,謹訳源氏物語3,[紫式部著]林望[訳]著
18,謹訳源氏物語4,[紫式部著]林望[訳]著
19,謹訳源氏物語5,[紫式部著]林望[訳]著
20,謹訳源氏物語6,[紫式部著]林望[訳]著
21,謹訳源氏物語7,[紫式部著]林望[訳]著
22,謹訳源氏物語8,[紫式部]著林望訳
23,首の信長,小林恭二著
24,GEN『源氏物語』秘録,井沢元彦著
25,GEN『源氏物語』秘録,井沢元彦著
26,源氏・拾花春秋源氏物語をいける(文春文庫),田辺聖子,桑原仙渓著
27,源氏の男はみんなサイテー親子小説としての源氏物語,大塚ひかり著
28,源氏物語(図説日本の古典7),秋山虔著
29,源氏物語物語空間を読む,三田村雅子著
30,源氏物語(講談社青い鳥文庫183?1),紫式部作高木卓訳
31,源氏物語時代が見える人物が解る,谷沢永一,風巻景次郎,清水好子著
32,源氏物語千年の謎(角川文庫た60?1),高山由紀子[著]
33,源氏物語千年の謎(角川文庫た60?1),高山由紀子[著]
34,源氏物語上,紫式部[著]与謝野晶子訳
35,源氏物語巻一,瀬戸内寂聴現代語訳
36,源氏物語巻1,瀬戸内寂聴訳
37,源氏物語巻1,紫式部著瀬戸内寂聴訳
38,源氏物語巻1,[紫式部著]瀬戸内寂聴訳
39,源氏物語一(京都昔話の本(社寺)),ささきようこ編集
40,源氏物語上の巻,橋田壽賀子著
41,源氏物語1,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
42,源氏物語巻1,紫式部著円地文子訳
43,源氏物語巻二,瀬戸内寂聴現代語訳
44,源氏物語巻2,瀬戸内寂聴訳
45,源氏物語巻2,[紫式部著]瀬戸内寂聴訳
46,源氏物語中,紫式部[著]与謝野晶子訳
47,源氏物語巻2,紫式部著瀬戸内寂聴訳
48,源氏物語二(京都昔話の本(社寺)),ささきようこ編集
49,源氏物語下の巻,橋田壽賀子著
50,源氏物語2,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
51,源氏物語巻2,紫式部著円地文子訳
52,源氏物語2千年の謎(角川文庫た60?2),高山由紀子[著]
53,源氏物語巻三,瀬戸内寂聴現代語訳
54,源氏物語巻3,瀬戸内寂聴訳
55,源氏物語下3,紫式部[著]与謝野晶子訳
56,源氏物語3,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
57,源氏物語巻3,紫式部著円地文子訳
58,源氏物語巻四,瀬戸内寂聴現代語訳
59,源氏物語巻4,瀬戸内寂聴訳
60,源氏物語4,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
61,源氏物語巻4,紫式部著円地文子訳
62,源氏物語巻五,瀬戸内寂聴現代語訳
63,源氏物語巻5,瀬戸内寂聴訳
64,源氏物語5,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
65,源氏物語巻5,紫式部著円地文子訳
66,源氏物語巻六,瀬戸内寂聴現代語訳
67,源氏物語巻6,瀬戸内寂聴訳
68,源氏物語6,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
69,源氏物語巻6,紫式部著円地文子訳
70,源氏物語巻七,瀬戸内寂聴現代語訳
71,源氏物語巻7,瀬戸内寂聴訳
72,源氏物語巻7,紫式部著円地文子訳
73,源氏物語7,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
74,源氏物語巻八,瀬戸内寂聴現代語訳
75,源氏物語巻8,瀬戸内寂聴訳
76,源氏物語巻8,紫式部著円地文子訳
77,源氏物語8,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
78,源氏物語巻九,瀬戸内寂聴現代語訳
79,源氏物語巻9,瀬戸内寂聴訳
80,源氏物語巻9,紫式部著円地文子訳
81,源氏物語9,紫式部[著]瀬戸内寂聴訳
82,源氏物語巻十,瀬戸内寂聴現代語訳
83,源氏物語巻10,瀬戸内寂聴訳
84,源氏物語巻10,紫式部著円地文子訳
85,源氏物語愛の渇き(ワニの選書),大塚ひかり著
86,源氏物語を読み解く100問(生活人新書254),伊井春樹著
87,源氏物語が面白いほどわかる本日本が誇るラブロマンがマンガより楽しく読める,出口汪著
88,「源氏物語」カルチャー講座,福嶋昭治著
89,源氏物語九つの変奏(新潮文庫え?10?52),江國香織,角田光代,金原ひとみ,桐野夏生,小池昌代,島田雅
90,源氏物語五十四帖を歩く(JTBキャンブックス.文学歴史11),朧谷寿監修日〓貞夫写真
91,源氏物語事典,秋山虔編
92,源氏物語と生涯学習平成から源氏をよむ,田中正明著
93,源氏物語とその作者たち(文春新書746),西村亨著
94,源氏物語・隣りの女(向田邦子TV作品集8),向田邦子著
95,「源氏物語」に学ぶ女性の気品(青春新書INTELLIGENCEPI?200),板野博行著
96,源氏物語の愛(シリーズ源氏大学),瀬戸内寂聴,秋山虔,大和和紀著
97,「源氏物語」の色辞典,吉岡幸雄著
98,源氏物語の近江を歩く,畑裕子著
99,源氏物語の男君たち,瀬戸内寂聴著
100,源氏物語の男君たち,瀬戸内寂聴著
101,源氏物語の女君たち,瀬戸内寂聴著
102,源氏物語の女君たち,瀬戸内寂聴著
103,源氏物語の女君たち,瀬戸内寂聴著
104,源氏物語の時代一条天皇と后たちのものがたり(朝日選書820),山本淳子著
105,源氏物語の時代一条天皇と后たちのものがたり(朝日選書820),山本淳子著
106,「源氏物語」の時代を生きた女性たち,服藤早苗著
107,「源氏物語」の時代を生きた女性たち(NHKライブラリー115),服藤早苗著
108,源氏物語の女性たち,秋山虔著
109,源氏物語の世界,日向一雅著
110,源氏物語の美(シリーズ源氏大学),杉本苑子,近藤富枝,尾崎左永子著
111,源氏物語の人々,続木道子著
112,源氏物語の脇役たち,瀬戸内寂聴著
113,源氏物語の脇役たち,瀬戸内寂聴著
114,源氏物語の脇役たち,瀬戸内寂聴著
115,源氏物語二つのゆかり継承の主題と変化,熊谷義隆著
116,源氏物語まねびなほし(現代語完訳)第4帖夕顔第5帖若紫(ほか2件),加藤宏文著
117,源氏物語ものがたり(新潮新書284),島内景二著
118,源氏物語夕顔Level4(1300‐word)(ラダーシリーズ),ステュウットAヴァーナム‐アットキン著
119,恋みち現代版・源氏物語,reY,陽未,アポロ,Chaco,ゆき,十和著
120,殺人源氏物語,斉藤栄著
121,殺人源氏物語,斎藤栄著
122,ThetaleofGenjiVolume1,MurasakiShikibu[著]EdwardG.Seidenstick
123,ThetaleofGenjiVolume2,MurasakiShikibu[著]EdwardG.Seidenstick
124,私本・源氏物語,田辺聖子著
125,寂聴と読む源氏物語,瀬戸内寂聴著
126,十二単衣を着た悪魔源氏物語異聞,内館牧子著
127,小学生の日本古典全集3源氏物語?美しい王子の一生?,[紫式部原作]松田武夫文黒崎義介画
128,小説一途ふたりの「源氏物語」(the寂聴),田辺聖子,瀬戸内寂聴著
129,掌編源氏物語,馬場あき子著
130,新源氏物語上(新潮文庫),田辺聖子著
131,新源氏物語中(新潮文庫),田辺聖子著
132,新源氏物語中(新潮文庫),田辺聖子著
133,新源氏物語下(新潮文庫),田辺聖子著
134,新源氏物語下(新潮文庫),田辺聖子著
135,新選源氏物語五十四帖,森一郎編
136,新装版源氏物語の女性たち,瀬戸内寂聴著
137,好かれる女・嫌われる女源氏物語の恋と現代,藤本勝義著
138,瀬戸内寂聴の源氏物語(シリーズ・古典1),[紫式部][原作]瀬戸内寂聴著
139,千年の恋心源氏物語を彩る女君たち,荻野文子著
140,千年の黙異本源氏物語,森谷明子著
141,誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ(小学館101新書),林真理子,山本淳子著
142,ちかみち源氏物語(学研M文庫),橋本千恵著
143,超訳日本の古典4源氏物語,加藤康子監修[紫式部著]菅家祐文阿留多イラスト
144,遠野物語と源氏物語物語の発生する場所とこころ(こころの未来選書),鎌田東二編
145,殴り合う貴族たち平安朝裏源氏物語,繁田信一著
146,21世紀によむ日本の古典6源氏物語,[紫式部]著中井和子[訳]著石倉欣二絵
147,女人源氏物語第一巻,瀬戸内寂聴著
148,ひかりそへたる源氏物語の恋の歌(シリーズ源氏大学),俵万智,芳賀明夫著
149,姫君たちの京都案内『源氏物語』と恋の舞台,蔵田敏明,薄雲鈴代著
150,平安の気象予報士紫式部『源氏物語』に隠された天気の科学(講談社+α新書),石井和子[著]
151,ミックスサンドイッチ,池田鉄洋著
152,紫式部伝源氏物語はいつ、いかにして書かれたか,斎藤正昭著
153,紫式部の恋「源氏物語」誕生の謎を解く(河出文庫),近藤富枝著
154,明解源氏物語五十四帖あらすじとその舞台,池田弥三郎,伊藤好英著
155,望月のあと覚書源氏物語『若菜』,森谷明子著
156,もっと知りたい源氏物語,大塚ひかり著
157,妖説源氏物語1初版(C・novels),富樫倫太郎著
158,妖説源氏物語2初版(C・novels),富樫倫太郎著
159,妖説源氏物語3(C・novels),富樫倫太郎著
160,窯変源氏物語 1,橋本治著
161,窯変源氏物語 2,橋本治著
162,窯変源氏物語 3,橋本治著
163,窯変源氏物語 4,橋本治著
164,窯変源氏物語 5,橋本治著
165,窯変源氏物語 6,橋本治著
166,窯変源氏物語 7,橋本治著
167,窯変源氏物語 8,橋本治著
168,窯変源氏物語 9,橋本治著
169,窯変源氏物語 10,橋本治著
170,窯変源氏物語 11,橋本治著
171,窯変源氏物語 12,橋本治著
172,窯変源氏物語 13,橋本治著
173,窯変源氏物語 14,橋本治著
174,読み違え源氏物語,清水義範著
175,読み解き源氏物語(河出文庫こ12?1),近藤富枝著
176,私が源氏物語を書いたわけ紫式部ひとり語り,山本淳子著
177,わたしの源氏物語,瀬戸内寂聴著

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008