« 視覚障害者と写本文化を共有するための47本の記事一覧 | メイン | 電子書籍は検索と参照に特化したものになってほしい »

2015年2月11日 (水)

マックで読めない電子書籍を購入後にキャンセル

 今回の話は、かつてクラッシュして雲散霧消した文章を再現したものでもなく、過去のホームページのデータを復元したものでもありません。先週、2015年2月7日の出来事です。
 マックユーザーにとって、今のところ電子書籍は使い勝手が悪いし、電子書店の対応も不親切だということを体験しました。

 以下、小学館から発売されている『古典セレクション『源氏物語』』(全16冊)を購入した時の顛末を記します。
 ネットを通して、「honto」という電子書籍ストアで購入した事例です。


150208_selection1


 利用可能デバイスとして[PC][iPhone][iPad][Android]とあります。
 マックユーザーである私は、[Android]以外の3つのデバイスで使えるものだと思いました。
 しかし、ここにある[PC]とは、パーソナルコンピュータのことではなくて、Windowsマシンのことだったのです。Macintoshは[PC]ではなかったのです。

 本の表紙アイコンの左下にある[立ち読みする]を選択すると、閲覧のための「hont ビューアアプリ」をダウンロードすることになります。そして、次の画面が表示されます。


150208_hitaiou


 これによって、私が使っている Macintosh がこの電子書籍においては非対応であることがわかります。
 Macintosh においては、仮想の Windows 環境下においても使えないということも、左下に小さく書いてあります。

 しかし、書籍の中身はわかっているからと[立ち読み]をしないで、購入のために本のアイコンをクリックすると、次の画面へと進みます。私はこのステップを踏んだのです。

 そこで、「ご購入前にご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください。」というハイライト部分をクリックすると、電子書籍のすべてに次のような表示が出ます。


150208_devaise


 ここで、「対応デバイス」が【PC】で「コンテンツタイプ」が【EPUB】という情報を確認した後、そのまま購入手続きをすると、私がいつも使っているパソコン(Macintosh)では読めない電子書籍を購入したことになったのです。

 【PC】とは、Windowsマシンだけではありません。Macintosh もあります。
 【EPUB】は Macintosh に対応しています。
 Macintosh の標準添付ソフトである「iBooks」は「EPUB」対応です。
 私は、資料をPDF化したものを、この「iBooks」とエバーノートで管理し、折々に内容を確認しています。

 結果的には、情報不足と購入手続き案内の不親切さから、私にとっては使えないものを購入した事態となったわけです。

 電子書籍のほとんどは、iPhone などのモバイル端末では読むことができます。しかし、パソコンとスマホの両方で閲覧できないと、本来の意味をなしません。iPhone や iPad などの小さな画面では、やはり視認性や情報の閲覧性に欠けるのです。

 Macintosh では読めないものだったので、hontoお客様センターへ次の連絡をして相談をしました。


■問い合わせ項目︰電子書籍の購入・閲覧について
■ご使用の機器︰PC
■ご使用の機種︰MacBook Pro
電子書籍を購入しました。
しかし、私はMacintoshユーザーです。
購入前に確認した「利用中のデバイス」が「PC」で「コンテンツタイプ」が「EPUB」となっていたので、Macintoshでも使えると思って購入しました。
しかし、ビューアーアプリのダウンロードの段階になって、はじめてMacintoshが非対応端末だと切り捨てられました。
「EPUB」はMacintoshに対応しています。
Macintoshの標準ソフト「iBooks」は「EPUB」対応です。
「PC」とは、Windowsマシンだけではありません。
差別的な対応をされた思いでいます。
何か閲覧するツールか対処策を教えてもらえませんでしょうか。
iPhone では閲覧できています。
ただし、画面が小さいので不便です。
また、検索機能があるようなのに、実際にはできません。
これも、何か方法があるのでしょうか。
以上、2点につき回答をお願いします。

 この問い合わせに対して、hontoお客様センターから届いた回答は、以下の内容でした。

「対応端末は Windowsの一部のバージョンにのみ」
「「Mac OS」を含めた他OSには未対応で、かつ対応予定は未定」
「専用のhontoビューアアプリ以外のアプリでは閲覧できない」

 これに続けて、


※hontoビューアアプリの対応条件については「hontoビューアアプリ」ページであらかじめご案内しているため、個別の商品ページやご注文の手続き中には詳細を表示しておりません。

という回答も付されていました。
 この表現には無責任さを感じました。

 さらに、「検索ができない」という質問に関する回答も、「画像として処理されている」ということで、ピンボケで責任回避のものでした。

 そこで、私は次のようにキャンセル方法を問いました。


ご主旨は理解できています。
ただし、その明記がなかったため、「利用中のデバイス」が「PC」で「コンテンツタイプ」が「EPUB」という情報を頼りに、購入手続きをしてしまいました。
結果的には、情報不足により私が使えないものを購入した事態となったわけです。
本品の購入をキャンセルするための手続きを教えて下さい。
よろしくお願いします。

 これに対して、hontoお客様センターからからは次の回答がありました。


通常、電子書籍はデジタルコンテンツという性質上、一度ご注文を確定されますとダウンロードの有無によらずキャンセルや紙書籍への交換は承れません。
しかしながら、このたびは伺いましたご事情から、キャンセルのご希望について弊社対応を確認いたします。
詳細が確認できましたらあらためてご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。
また、このたびいただいた対応OSやご購入手続き時の表記内容についてのご意見を参考とさせていただき、より分かり易いご案内がさし上げられるよう検討を重ねてまいります。

 そして翌日、以下のキャンセルの手配を終えたという連絡がありました。


このたび伺いましたご事情から、以下のご注文電子書籍は今回に限りキャンセルを承ります。
キャンセル手続きは完了しておりますので、現在のご注文の状況はマイページ内の「ご注文・ご購入履歴」にてご確認ください。

 私からは、次のお礼の返信を送りました。


電子書籍のキャンセルに関して、マイページより確認しました。
お手数をおかけしました。

 返金には応じてもらえたとはいえ、何とも不親切な冷たい対応でした。
 電子書籍の購入は、こんなに低レベルなやりとりで行われているのでしょうか。
 私が Macintosh を使っている、ということに起因するとはいえ、あまりにも差別的な扱いだと思いました。
 
 
 

コメント

同じようなことをやってしまい、こちらにたどり着きました。
iMacとAndroidスマホを持っているのですが、3冊購入した書籍のうち1冊だけ、なぜかPCのみ対応。
デジタルなのになぜ?って感じです。
私の確認不足なのはわかっていますが、不親切極まりないサイトですね。
返金ではなく、Androidに対応してもらえるように交渉してみるつもりです。

コンピュータに関しては、一般的な情報文具になって30年近くなります。しかし、いまだに未完成な製品ですね。それを対象にして商いをする方々のレベルも、これまた勉強不足が目立ち、驚くほど低レベルです。
マッキントッシュとウインドウズの溝も、なかなか埋まりません。電子書籍などに関しては、その酷さが目立つ分野ですね。
電子本なのに検索ができないというのは、腰が抜けるほどトンマな話です。手に取れる本を裁断してPDFにすると、検索できます。歴史的には、おもしろい事態がいまだに進んでいます。
業者には、いろいろと不具合があることを教えてあげ、対処してもらえるようにユーザーが努力する必要があります。まだ、そんな時代のようです。
また、いろいろな所で、そのおかしさを語るといいと思います。業者には、粘り強く対処なさることをお勧めします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008