« 再録(16)続・カシオの欠陥腕時計(1996.12.22) | メイン | 藤田宜永通読(22)『モダン東京3 哀しき偶然』 »

2015年2月 8日 (日)

ウェアラブルコンピュータ「UP24」を身につけて

 現在私は、「UP24」という自分の睡眠、歩数、距離、消費カロリー、活動時間、非活動時間などの生活リズムを記録する腕輪を身に付けています。まさに、ウェアラブルコンピュータを装着した日々です。

 この使い心地と機能については、「京洛逍遥(326)三条河原町からバスで帰宅」(2014年07月06日)で紹介した通りです。

 今では、毎日送られてくる私の生活リズムに関するコメントを楽しみにしています。私の日々のデータを開発元である Jawbone 社が世界各国から届く日々のデータを分析し(?)、現在の私の記録や身体の状況を踏まえた(?)さまざまな意見や提案はもとより、到達目標もアドバイスしてくれるのです。
 例えば、昨日は次の3つのコメントが届きました。


(1)有用な趣味
 鉛筆を削りましょう。写真を撮りましょう。ギターをつま弾きましょう。創造的な趣味を持つ従業員は課外活動に手を付けるだけの人に比べてオフィスでの業績ランクが 30% 高いとサンフランシスコ州立大学が報告しています。

(2)朝の健康
 1日中元気でいられるように、卵やオートミールなどを食べてタンパク質と全粒粉を取りましょう。甘い菓子パンやシリアルは控えること。朝食に気を配るのは体に気を配ることと同じです。

(3)土曜日を有効に過ごそう
 週末がやってきました。1 週間前の 8290 歩を更新できるように、土曜日は挑戦あるのみです。時間を有効活用してください!

 (3)は、私が先週の土曜日に歩いた歩数が「8,290歩」であることを踏まえての、励ましのコメントとなっています。こうして送られてくるコメントやアドバイスは、相手を褒めることでやる気を起こさせる、ということに徹しているようです。

 それぞれのコメントのリンク先をたどると、Jawbone社のさらなる詳細なアドバイスを見ることができます。ただし、そこは英語のページなので、これが日本語になっているとおもしろいと思っています。
 こうしたサポートが、この商品のいいところだと思います。

 もっとも、アメリカでの生活者を対象としたコメントなので、日本にいる私にはピンボケのアドバイスが多いのはご愛嬌です。私の生活習慣はアメリカ化されていません。というよりも、「アメリカ抜きで考えよう」という考え方に同調した生活なので、異文化体験を日々していることになり、このコメントを楽しんでいます。

 この「UP24」は、アップルストアでも販売されているものです。
 しかし、「Apple Watch」が今年の4月に発売されると、こうした機能はすべて重複し、さらにアップルならではの多彩な活用が可能になるはずです。当然、この「UP24」は見劣りがすることになるのです。

 さて、「UP24」はあと2ヶ月で起死回生の変身ができるのか、非常に興味深いところです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008