« ハーバード本「蜻蛉」の「江」と「比」は識別可能か | メイン | 古都散策(39)【復元】南都不退寺でタケノコをもらう »

2015年5月 9日 (土)

江戸漫歩(103)立川駅北で見かけたヤギたち

 立川駅から北に向かって多摩モノレール沿いに少し歩くと、広大な空き地が目に飛び込んで来ます。その広さは約3万7千平米。

 ここに、こんな表示を見かけました。
 この原っぱに、ヤギが5頭とヒツジが1頭いるようです。


150508_yagi1


 ちょうど、国営昭和記念公園の東、イケアの南側で、立飛ホールディングスみどり地区と言われる所です。この沿線は国有地でした。今年落札した所だそうです。

 ゴールデンウィーク前に、ヤギさんたちはここに来たとのこと。
 あたりを見回すと、金網越しにヤギが3頭いて、無心に草を食んでいます。
 通りがかりのベビーカーを押した親子が、ヤギさんに話しかけたりしていました。


150508_yagi2


 那須りんどう湖那須高原牧場パークから来た動物たちです。
 詳しいことは何も書いてないのでわかりません。
 除草作業のために、放し飼いにされていると思われます。

 この立川北地域は、今秋には大型商業施設である「ららぽーと立川立飛(仮称)」がオープンするそうです。
 今後は駅前の発展で人が集まるだけでなく、その周辺もおもしろい地域になりそうです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008