« 聞香の体験会で裏を読みすぎたこと | メイン | ハーバード大学本「蜻蛉」巻の「尓・ん・せ・を」 »

2015年6月 5日 (金)

江戸漫歩(104)千代田図書館の「図書館コンシェルジュ」

 来週14日(日)に、科研「挑戦的萌芽研究」の第1回研究会を都内で開催します。
 会場がなかなか決まらない中を、千代田区立千代田図書館で企画システムプロデューサーをなさっている幸田さんと、企画チーフの河合さんに手助けしていただき、千代田図書館をお借りすることができました。

 開催日が近づいたこともあり、目が不自由なお2人の先生が戸惑われないように、九段下の改札口から千代田図書館の10階までの経路の確認を含めて、担当者と2人で会場周辺の下見に行ってきました。全国を自由に移動しておられるお2人の先生なので、特に心配はありません。しかし、初めての所にお出でになることでもあり、やはり念には念を入れての確認は必要です。

 実際に、九段下駅の改札口からエレベータ2基を利用して地上に出られることが、今回の実地踏査と河合さんからのアドバイスによって判明しました。
 この駅は、私が通院していた九段坂病院があり、また千代田図書館へ古書目録の調査で何度も来ているので、熟知していると思っていました。しかし、エレベータは意外と見え難い場所に設置されていたので、今回初めてこれが役立つことを知りました。
 この九段下の改札口には、会場までの案内役2人を配置することで了解を得ました。

 千代田図書館のホームページには、NPO法人ことばの道案内が作成なさった、「ことばの道案内(千代田図書館までの道のり)」もあります。地下鉄九段下駅からは、この音声案内も便利です。

 千代田区役所の中にある図書館内は、障害者への配慮は万全です。
 ただし、幸田さんのお話では、通路下に敷設されている特殊素材の道案内を兼ねたシートは、点字ブロックではないので少しわかりづらいかもしれない、とのことでした。特に、曲がり角がそのようです。これは、当日口頭で伝えることにします。

 さらに、当日は日曜日のため、10階にあるコンビニエンスストアはお休みです。ただし、自動販売機は稼働しているそうです。いろいろと確認しておくものです。

 懇親会をする場所でアドバイスをいただこうとしたところ、階下の「図書館コンシェルジュ」があるコーナーに案内してくださいました。
 探している懇親会場の条件などをお伝えすると、しばらくして近くにある最適なお店を紹介してくださいました。

 私は、この図書館コンシェルジュというお仕事のことを、この時までまったく知りませんでした。ホテルでの観光案内は知っていましたが。
 上掲のホームページにも記されているように、千代田図書館の利用や本探しに留まらず、「近隣の新刊書店と古書店の在庫状況を確認」とあるのは、神田神保町に隣接している立地にあるからこその特徴でしょう。その他にも、次のような案内をしてくださるのです。


・区役所や区の関連施設のご案内
・文化施設やレストランなど各種店舗のご紹介
・展覧会やイベントのご紹介
・観光案内やお薦めスポットのご紹介

 いやはや、至れり尽くせりです。
 今回のように、懇親会の場所を探すということは、「レストランなど各種店舗」の紹介に該当するのでしょうか。恐縮しながら探していただきました。それにしても、これは非常にありがたいサービスです。
 確かに、おっしゃるように、この「図書館コンシェルジュ」は千代田区の活性化につながるサービスです。図書館の機能が、ますます利用者のためのサービスとなっていくことは大歓迎です。

 この後、図書館コンシェルジュのお2人に紹介していただいたお店に立ち寄り、正式な予約とメニューなどの確認をしてきました。
 さらに、日比谷図書文化館で隔週開催の〈ハーバード大学本『源氏物語』を読む「翻字者育成講座」〉のために、霞が関に移動しました。この講座は、千代田図書館のみなさまのご理解とご協力で実現したものです。
 感謝しながら、日比谷で『源氏物語』を楽しく読み進んでいます。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008