« 江戸漫歩(107)乃木坂での講演後に公園で盆踊りを見る | メイン | 谷崎全集読過(24)『春琴抄』 »

2015年7月26日 (日)

江戸漫歩(108)牡丹町公園での盆踊り大会

 地下鉄東西線の門前仲町駅一帯は、商店街や沿道に演歌が流れている、深川の面影を残す庶民的な街です。

 その真ん中に位置する牡丹園に隣接する牡丹町公園は、門前仲町、富岡、木場、古石場、越中島に囲まれた古石場親水公園沿いにあります。
 この牡丹町公園で盆踊り大会をしていました。
 太鼓の音に釣られて、自然と足が向きました。


150727_gate



 予想に反して、公園は大勢の人で賑わっていました。
 下町の住宅街なので、子供が多いのです。踊りの輪にも活気があります。
 町内会の世話役数人が踊っているのではなくて、ご町内みんなで盛り上がっていました。


150726_bonodori2


150726_bonodori1


 近年、発展の著しい近隣の豊洲、月島地区の高層マンション群とはまた違った、まさに江戸の情緒や風情がある一角となっています。
 先日来た眼科も、この公園のそばにあります。

 このあたり一帯は、8月に向けてこれからますます、神社の夏祭りや盆踊りで賑やかになっていきそうです。

 この近くの薬局でいくつかの医薬品を手に入れると、またすぐに木場へ行く用事ができました。
 のんびりと盆踊りを見て楽しんでいる暇はありません。
 何かと慌ただしい、西へ東へ北へ南へと奔走することになった1日でした。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008