« 日比谷でハーバード本「蜻蛉」巻を読む(その27) | メイン | 点字による変体仮名版の翻字は可能か(5/私案の提示) »

2016年1月30日 (土)

江戸漫歩(122)東陽町の東京イースト21

 地下鉄東西線の東陽町駅近くに、東京イースト21があります。
 都立深川高校と江東区役所から北へ歩いてすぐのところです。


160130_east21


 東京の宿舎の東側には、豊洲の高層マンション群がずらりと聳え立っています。南側には佃島と月島の高層マンション群が、西側には茅場町と八丁堀のビジネス街が展開しています。
 そんな環境に身を置いている中で、東北方面を見ると、にょっきりとビルが突き出ているので、どんなところか気になっていました。

 木場公園と東京都現代美術館の先にある東京イースト21に立ち寄りました。ここは、オフィス・ホテル・商業施設・イベントスペースで構成される、平成4年にできた複合都市です。21階建ての2つののっぽビルが、東陽町周辺のランドマークとなっています。
 ホテルイースト21東京はオークラホテルの系列で、落ち着いた雰囲気があります。ランチを美味しくいただきました。

 外に出ると、スカイツリーの尖塔が雨上がりの空に烟っていました。


160130_skytree


 この一帯は庶民的な場所です。東京オリンピックを間近に控え、これからますます人が多く集まる地域になることでしょう。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008