« NPO法人〈源氏物語電子資料館〉の打ち合わせ会 | メイン | 京洛逍遥(394)白川での書道展と吉井勇の歌碑 »

2016年3月27日 (日)

京洛逍遥(393)半木の道沿いの桜はまだまだです

 北大路橋から、桜が開花している木越しに、大文字の如意ヶ岳を望みました。
 雪柳が川面を明るくしています。


160326_daimonji


 半木の道の桜はまだ蕾です。先週の暖かさで開花したものの、すぐに花冷えとなり、少しお休みをしているようです。


160326_nakaragi1


160326_sakura


 小路に咲き掛かっているのは、隣の府立植物園から枝を延ばして顔をのぞかせている早咲きの桜です。


160326_sakura2


 桜が小休止している間に、ということでしょうか。半木の道の木々を守ってきた金閣寺垣の補修が、一つ一つ丁寧になされていました。


160326_kaki1


160326_kaki2


 新しく付け替えられた竹の緑が鮮やかです。

160326_kaki3


 我が家でトントンと言っている飛び石から植物園を見やった一帯の枝垂れ桜が、毎年一番みごとな咲きぶりを見せてくれます。4月に入ってから開花するのでしょうか。


160326_tonton


 棚の下を見ると、右側の金閣寺垣が新しく緑に縁取られた一角をなし、真ん中と左側の垣がこれから装いを新たにするのです。
 数日もすると、木々や花々の色模様の移り変わりが楽しめそうです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008