« 藤田宜永通読(27)『探偵・竹花 帰り来ぬ青春』 | メイン | 再録(19-3)またまたMV社のこと(1999.03.09) »

2016年3月 8日 (火)

僧侶のネット派遣と人生最後の儀式の簡素化

 仏教に関する記事が、先週の毎日新聞(2016年3月5日)に2本も掲載されていました。朝日新聞は翌日だったので、2本同時だったかは確認していません。

 一つは、「お坊さんのネット派遣やめて」というもの。

 これは、全日本仏教会が2月4日に、法事への僧侶派遣サービスをしているアマゾンに対して、その中止を求める文書を発送したというものです。
 「お坊さん便」という定額手配サービスは、ユニークな角度から仏教を商品化したものです。宗教が持つ特異性が、商品としての価値を伴って売り買いされるのです。
 ただし、その定額制とお布施が持つ意味が、しだいにわからなくなってきました。

 もう一つは、「昔の葬儀にはもう戻らない?」という記事です。

 日本葬送文化学会の2月例会において、松岡泰正氏は講演で「業界」の実態を明らかにされたのです。
 現在の葬儀は、次の4種類だそうです。

 (1)一般葬
 (2)家族葬
 (3)直葬
 (4)ゼロ葬

 1990年代後半から取り組んだ「(2)家族葬」は、今は急速に増えているということです。しかも、(3)や(4)が「加速度的に進んでいる」ということなのです。

 我が家で言えば、1983(昭和58)年に亡くなった父は「(1)一般葬」でした。2004(平成16)年に亡くなった母の場合は「(2)家族葬」でした。
 私の場合は、「(3)直葬」もありか、と思っています。

 記事には、次のように記されています。


日本人の葬儀はいま、都市部でも地方でも、ワタシ(個人)の手の中にある。あとは自分が「あの世」を信じるかどうか。信じなければお坊さんも必要ないか……。

 家や自分の宗教と葬祭が切り離されている現在、ますますそのありようは変化していくことでしょう。

 2008年に公開された映画『おくりびと』(Departures)は、第81回アカデミー賞外国語映画賞と第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞しています。いい映画でした。
 この映画の世界は、近い将来には、懐かしい日本文化となってしまうようです。

 最近は、遺書や終活のことが話題になっています。
 この人生最後の儀式については、さらに変移していくことでしょう。
 私も他人事と思っていました。しかし、私も近々行くかもしれないあの世について、いろいろと考えさせてくれる記事でした。【4】
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008