« 吉行淳之介濫読(16)「鳥獣虫魚」「青い花」 | メイン | 京洛逍遥(398)京都府立植物園で桜のライトアップ »

2016年4月 2日 (土)

京洛逍遥(397)下鴨神社で迎えた日の出

 新年度早々の日の出を下鴨神社で迎えました。
 楼門に着いたのが6時少し前だったこともあり、門は閉まっていました。
 すでに一人、門越しに黙々と拝礼をしておられます。


160402_roumon1


 しばらくすると開門。


160402_roumon2


 早速、気になっていた光琳の梅の後ろの桜を確認しました。
 満開です。


160402_sorihasi1


 やがて、輪橋の上にお日さまが上がります。


160402_hinode1


 西の鳥居から出ると、色鮮やかだった八咫烏も、塀に苔生す自然の褪色を帯びるようになっていました。


160402_hinode3


 時の流れを意識する新年度のスタートです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008