« 読書雑記(170)船戸与一『群狼の舞 満州国演義3』 | メイン | 第13回出版法制史研究会で貴重な情報をいただく »

2016年6月24日 (金)

古都散策(58)【復元】移転5・古都散策(16)夏の薬師寺

 夏の夜、古都奈良を散策した時の記事を、クラッシュした資料群の中からとり出して復元しました。
 写真が粗っぽいのは、夜ということに加えて、撮影に使っているデジタルカメラの性能によるものです。オリジナルのデータが見つかり次第、現在の技術で再生させるつもりです。
 
(※本記事は、平成19年3月に消失したブログの復元です。)
 
********************** 以下、復元掲載 **********************
 
2006年9月9日公開分
 
副題「薬師寺のライトアップを見る場所を探す(8月6日)」
 
 薬師寺の東塔と西塔がライトアップされているのを、夕刻より見に行きました。
 奈良は盆地なので、夏の午後6時はまだ明るい時間帯です。7時前ころになると、ようやく陽が生駒山に隠れるようにして、薄暗くなっていきます。
 薬師寺は西の京にあり、唐招提寺の南に位置しています。飛火野の南、志賀直哉の旧宅がある高畑のさらに南にある新薬師寺と、よく間違えられます……。かつて薬師寺は、高田好胤さんのお寺として有名でした。私も影響を受けて、『父母恩重経』を読んだりしたものです。平山郁夫画伯の玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画」のある所、と言ってもいいでしょう。

 奈良市の中心地にある、東大寺・春日大社・興福寺グループに対して、この西の京は、第2の観光地です。第3が、法隆寺・法輪寺・法起寺グルーブ、そして第4が飛鳥グルーブでしょうか。我が町の信貴山と長屋王墓は、第5としておきましょう。

 拙宅から車で矢田丘陵を越えて、真っ直ぐに薬師寺を目指しました。30分もかかりません。しかし、薬師寺の三重塔の真横に着いてみて、肝心のライトアップを見る位置に困りました。車を止める所もなければ、見ている人もいません。
 ここではないと思い、見る場所を探してうろうろしました。仕方がないので、薬師寺の南側の大駐車場に行きました。しかし、そこも木々に遮られて、よく見えません。

 車を置いて、ブラブラと散策することにしました。先ほどの塔の真横まで行ったところ、僧坊のおばちゃん(まさに関西で言うところの人)が外に出て来ました。その人を捕まえて、一番綺麗に見える所を教えてもらいました。それは、まずここだと。自分の家の前だからなおさらです。
 ここからは、こんなふうに見えます。

 まずは西塔です。昭和56年(1981)に再建された、高さ34mの塔です。


160531_yakusiji1


 普段の姿は、次の画像一覧の通りです。

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA+%E8%A5%BF%E5%A1%94&espv=2&biw=1440&bih=930&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiBu42xnYPNAhUGtJQKHW_AAbkQsAQIKQ&dpr=1

 薬師寺には二つの三重塔があります。カメラを右に振ると、天平の香りを漂わせる国宝の東塔が、こんなふうに見えます。日本で三番目に古い塔で、「凍れる音楽」と呼ばれているものです。

160531_yakusiji2


 この東塔については、次の画像一覧をどうぞ。いろんなことがわかって、本当におもしろいものになっています。

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA+%E6%9D%B1%E5%A1%94&espv=2&biw=1440&bih=930&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwiSn_iCnoPNAhXEjJQKHRdzBk4QsAQIJw

 光を受けた三重塔を堪能して道を引き返し、車に戻ると、すぐ横では盆踊りをしていました。
 薬師寺前での盆踊りも、また一興でした。夜店のたこ焼きと焼き鳥が、いずれも一舟百円でした。


160531_yakusiji3


 僧坊のおばさんの教えでは、大池(勝間田池)からの眺めもいいとか。帰り道でもあったので、立ち寄りました。


160531_yakusiji4


 帰り道で、西大寺の方での大規模な打ち上げ花火を、走る車の中から見ました。おまけを貰った気になりました
 自宅に帰り着いた頃に、我が町平群グラウンドでは、まだ盆踊りをしていました。
 江州音頭ではイマイチ盛り上がりません。それが、河内音頭になると、急に踊り手も増えて賑やかになります。

160531_yakusiji5


 まさに、日本の夏を体験しました。
 
********************** 以上、復元掲載 **********************
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008