« 江戸漫歩(134)日比谷図書文化館前の人だかり | メイン | 左足首捻挫は骨折だとわかりギプス生活に »

2016年7月29日 (金)

江戸漫歩(135)九段坂病院から望む皇居北の丸公園

 右足裏の疣が完治していないので、九段下にある九段坂病院へ行きました。
 牛ヶ淵の蓮は、日増しに開花が早まっています。


160729_hasu


 最近の蓮の様子は、「江戸漫歩(130)移転した九段坂病院と皇居のお堀に咲く蓮」(2016年07月07日)の写真をご覧ください。

 九段坂病院の皮膚科では、丁寧な治療をしていただいています。
 しかし、完治まではまだ時間がかかるようです。

 一昨日の捻挫の腫れが一旦引いたので、昨夜は一安心していました。しかし、今朝は踝から足の甲へと腫れが広がっています。一人で出かけるのが心もとなかったので、妻に付き添ってもらって九段坂病院に来ました。

 治療はお昼前に終わったので、最上階13階にある「オークラカフェ&レストラン 九段坂メディコ」で食事をしました。おいしいビーフシチューをいただきながら、眼下に拡がる皇居北の丸公園とその向こうに見える国会議事堂や日比谷あたりを見霽かすことができました。昨夜は、この日比谷にいたのです。前方左手に、小さな黄色い尖り帽子の国会議事堂が見えます。


160729_kitanomaru


 右に目を転ずると、武道館の向こうに新宿の町が望めます。贅沢な光景です。


160729_budokan



 病院のレストランというと馴染みのない方が多いことでしょう。しかし、京都府立医大病院の中にもレストランオリゾンテが入っているように、意外なところにいいレストランがあるものです。病院の中、ということで避ける方もいらっしゃるようです。しかし、病院好きの私は、混まないこともあって気に入っています。

 また一つ、気分転換ができるところを見つけました。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008