« 国冬本「鈴虫」の長文異同(その5-仮名文字表記) | メイン | 読書雑記(174)船戸与一『炎の回廊 満州国演義4』 »

2016年8月 4日 (木)

江戸漫歩(139)有明豊洲地域を見て五輪とマンションを想う

 ギプスをはめているために歩けなくても、身体は動かすようにしています。
 近在のオリンピック施設の工事現場を、車窓から眺めました。

 有明コロシアムの周辺は、まだ手付かずです。
 正面を上下に分かつように通るのが、首都高速湾岸線です。


160803_ariake1


 湾岸線と交差するように、東京臨海新交通臨海線が走っています。
 ちょうど上りと下りが擦れ違うところでした。
 その高架越しに、有明コロシアムの屋根が見えます。


160803_ariake2


 ダンプカーが出入りする先には、東雲運河越しに晴海のマンション群が見えます。


160803_ariake3


160803_ariake4


 もうすぐ、築地市場がこの豊洲地区に移転して来ます。
 今秋11月7日が、豊洲市場の開場日となっています。
 写真の右側が、着々と開場の準備が進む豊洲市場です。


160803_toyosuichiba


 この地域の土壌汚染の問題は未解決で、移転反対の動きも解決していません。
 さて、新都知事の小池さんは、この問題にどう対処されるのでしょうか。

 近在のマンションは、近隣の海外の人たちに投機目的で買い占められているとか。
 これから建設されるマンションも、その標的となっているのでしょう。もっとも、バブルも弾けたので、すでに売りに出されているのかもしれません。

 今このあたりでマンションを購入している人の多くは、ここに住む気はないのですから、東京五輪が終わると放出され、スラム化するというのです。

 昨夏、『2020年マンション大崩壊』(牧野知弘、文春新書、2015.8)という本を読みました。


151027_mansion


 そのすぐ後に、横浜のマンションで杭打ち施工に問題があり建物が傾いたことが表面化しました。
 私の知人の多くがマンション住まいなので、この『2020年マンション大崩壊』という本を、私のブログの「読書雑記」で取り上げるのは見送ることにしました。私はマンション住まいの経験がないので、余計に本書の内容を話題にしないように気を遣っています。

 参考までに、ネットによる本書の紹介文を引いて、個人的なコメントは控えます。


内容 東京五輪を前にマンション価格は上昇中。
 だがその裏で管理費や修繕積立金の滞納、相続権の拡散など多くの問題が生まれつつある。
 空室急増でスラム化する大規模マンション、高齢化で多発する孤独死、中国人に牛耳られる理事会…
 全国600万戸時代を迎えたマンションに未来はあるのか。
(「BOOK」データベースより)

 さて数年後に、東京五輪の会場となるこの有明・豊洲地域は、今後ともますます注目されることでしょう。そしてさらに数年後には、この宴の後のことも、マスコミが取り上げると思われます。

 予想できることには、今から手を打つべきなのでしょう。しかし、それ以外のことで問題が山積みなので、先のことまで考えてはいられない、というのが実情のようです。
 東京五輪の後のことを想像しながら、明日5日から始まるリオの五輪をいろいろな角度から観たいと思っています。


(注記)私は、五輪を「オリンピック」と「パラリンピック」に区分けするのは問題だと思っています。
 五輪では開催時期もずらされており、パラリンピックは9月7日から19日までの12日間です。
 わざわざ区別せずに、同じ競技場を同じ時期に使い、可能な限りプログラムの工夫をして、障害の有無にかかわらず一人でも多くの観客に応援してもらう中で競技をすればいいと思っています。
 障害の有無で選手と観客を切り離すのは、よくないことです。性差があっても、男女は同じ空間を共有し、男女が一緒に競技をしています。それなのに、なぜ障害の差は区別し、切り離されるのでしょうか。
 このことは、いつかまとめて書くつもりなので、今は措きます。

 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008