« 脳ドックで検査結果の説明を受ける | メイン | 《仮名文字検定》の公式サイト(仮)公開 »

2016年8月22日 (月)

読書雑記(177)中村久司歌集『流刑のソナタ 異端調』

 『流刑のソナタ 異端調』(中村久司、MyISBN - デザインエッグ社、オンデマンド (ペーパーバック)、2016/7/25、¥1,434)を読みました。


160822_nakamura


 オンデマンド出版ということなので、アマゾンで本書の情報を確認しました。紹介を兼ねて、一部を引きます。


■内容紹介■
英国に30年間滞在し、世界20カ国の詩人と英語短歌を詠む活動を続けていた著者の、日本語による第一歌集。
新古今和歌集の抒情と西欧の「ポエム」のシンボリズムの融合を試みた異色の100首。

潮騒も 時の流れも 閉じ込めて 琥珀は眠る バルトの海に

北の海 カモメを鎮め 天を裂き くさび打ち込む 冬の稲妻

吾亦紅 枯れた後にも 立ち続け 死の薄化粧 初霜の朝

聖堂と ネオン街とを 分かつ川 行き交う男女 生ぬるい雨

ツル四羽 折った手の横 核コード 石に染み入る 八月の影

異色・異端の100首は、1973年にソ連船「バイカル号」で冬の横浜港からエルシノアへ旅立ち、その後、日本とヨーロッパの間を彷徨った一人の「異端者」のソウルの投影である。

■著者について■
1950年、岐阜県飛騨市生まれ。高校電気科卒業後、名古屋税関に入関。在職中にデンマークの国際カレッジへ無許可で短期留学。1975年に税関を辞めて渡英し、日英を往来の後、1988年からイギリスのヨーク市に永住。1994年、英国ブラッドフォード大学平和学部大学院で日本人初の平和学博士号を取得。在職中、英国の二つの大学で国際教育・交流プロジェクトを担当。英文学科・美術学科学生に、新古今和歌集を中心に古典短歌を教える。
2004年、世界20カ国の詩人と英語で短歌を詠む「日英短歌ソサエティー」を創立。2008年、日本国外務大臣表彰を受賞。
著作に、『イギリスで「平和学博士号」を取った日本人:英国の軍産学複合体に挑む』(高文研)、『観光コースでないロンドン』(高文研)、英語歌集『The Floating Bridge: Tanka Poems in English』(Sessions of York) など。

 これまでに刊行された著書について、私の勝手な読書雑記は次の通り3点があります。

(1)「英語の短歌を読む」(2008/11/13)

(2)「読書雑記(53)中村久司『イギリスで「平和学博士号」を取った日本人』」(2012年11月15日)

(3)「読書雑記(103)平和学博士のロンドン案内は辛口の英国論」(2014年07月12日)

 イギリスでは、ヨークとケンブリッジでお目にかかりました。妻と娘共々、お世話になりました。そんな関係からか、短歌の背景が私なりに想像できたので、透き通ったお人柄を思い起こしながら読みました。素人が勝手にキーワードを付けるならば、「ありし日」「月影」「ひとり」でしょうか。

 遠く隔たった自然や風景の時空を通して、影や音や色や香が、ことばの後ろから微かに伝わってきます。
 ことばを紡ぎながらも滲み出る作者の孤独が、モノクロの中で淡い色や鋭い光線として詠まれている歌集だと思いました。
 私と妻で、お互いが気に入った歌を何首か選びました。
 二人が選んだ同じ歌は今は措き、私が選んだ次の五首を紹介します。


手の中に 捕らえたホタル 息づけば 三つ児でさえも 指解き放つ

笹の葉の ひとひらの雪 押し落とす 群竹に射す 蒼い月影

 (風花を台所にいた母にも見せたいと思った遠い日を思い出し。)
見せたいと 連れ出した母 見上げれど 風花は消え 母は微笑む

一条の 香立ち上る 垂直に 雨音静か 暁の寺

直立し 北の裸木 そびえ立つ 靴紐結ぶ 冬の旅立ち


 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008