« 駅のホームドア設置と「ホーム縁端警告ブロック」 | メイン | 読書雑記(177)中村久司歌集『流刑のソナタ 異端調』 »

2016年8月21日 (日)

脳ドックで検査結果の説明を受ける

 先月25日に、中目黒の東京共済病院で、人間ドックと脳ドックに入りました。
 人間ドックでの健康診断結果は、郵送で送られて来ていました。

 今回初めて、血液検査で尿酸値が高いという結果が出ました。
 血液検査は、京大病院の糖尿病内科で一ヶ月おきにやっています。
 先月の検査では何もなかったので、これは今月末の検査の時に再確認します。

 ヘモグロビン A1cは7.0でした。これは、先月の京大病院での検査と同じです。
 この夏は特に食事に気をつけており、カロリーを意識して高めで摂っています。その成果とでも言えるのか、体重が50キロを上下していたところを、今は待ち望んでいた51キロ台になっています。
 そのことを思うと、意外にヘモグロビン A1cが上がっていないので、一安心です。

 6月下旬に、どうも目が霞むことが気になるので、宿舎の近くの評判のいい眼科に行きました。そして、いろいろな検査をしてもらった結果、白内障の症状が認められるとのことでした。9月に精密検査に行くことになっています。

 今回の人間ドックでも、左目に白内障の疑いがあるとの指摘がありました。
 来月は、忘れずに近所の眼科で精密検査をしてもらうことにします。

 さて、一昨日の脳ドックの検査結果です。
 認知機能検査は、年齢相応で問題なしでした。
 ボケ老人には、いましばらくはならないようです。
 また、脳梗塞の疑いもまったくありません。

 ただし、MRIの断層写真を見ながら、「白質病変(中等度)」と「頚動脈壁の肥厚」が認められる、ということでした。わずかな異常であり、支障はないものの、念のために来月、首の頚動脈のMRIの検査をすることになりました。

 帰りに、1枚のCDをいただきました。今回の検査画像が収録されているものです。
 以前、京大病院でももらった記憶があります。
 見てもわからないながら、これも何かの記念にと、画像を2枚抜き出しておきます。
 次の脳の断面図は、確か画像の中央右下に写っている浮き雲のようなものが「白質病変」だという説明を受けたように思います。


160821_nou1


 これが大きくならないようにするといいそうです。そのためには、運動をすることと、週末にはパソコンを使わない生活を心がけなさい、とのご託宣を受けました。運動はともかく、パソコンは難題です。

 また、脳の中の血管の画像も、おもしろい線を描いているので抜き出しました。
 何が何なのか、さっぱりわかりません。しかし、このような形で血管が自分の頭の中をクネクネと張り廻らされているのかと思うと、自分は一体何なのかと不思議に思い楽しくなります。


160821_nou2


 面談が終わってから、病院の10階にあるレストランで、この前と同じく鰻丼をいただきました。きれいなレストランです。
 眼下には、東京タワーが見えます。


160819_tokyotower



 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008