« 古都散策(60)移転7・古都散策(18)夏の奈良公園と浮御堂 | メイン | 朴光華訳の第2弾『源氏物語—韓国語訳注—(夕顔巻)』刊行 »

2016年8月25日 (木)

座席を譲ってもらって思うこと

 電車で初めて席を譲られて困惑したことを書いたのは、今から8年前のことになります。あの時は、年よりも若作りをしていたつもりだったのに、年寄りと見られたことがショックでした。
 50代後半で、日々スポーツクラブに通っていたこともあり、体力年齢は18歳の頃でした。

「心身(15)初体験に困惑」(2008/6/25)

 今日の出来事も、私としてはショックでした。

 会議に出席するために、電車を乗り継いで2時間弱の立川に行きました。
 その途中、中野駅で乗り換えて中央特快に乗ってしばらくしてからでした。中野駅から三鷹駅までは止まらないこともあり、しばらく立ちっぱなしで行くか、と思っていたところ、目の前に座っていた若者が「どうぞ」と席を譲ってくれたのです。
 少し足先が鬱血しだした時でもあったので、ありがたく座らせていただきました。
 感じのいい若者でした。携帯電話ではなく、文庫本を読んでいました。

 立川駅前から、立川学術プラザという職場の前に止まるバスに乗りました。すると、発車して間もなく、私と同じか少し上かと思われるご婦人が、「どうぞ」と言って席を譲ろうとなさいます。「すぐに降りますから」、と言って辞退しました。
 その方は、「そうですか」と言って1度立ち上がった腰を、また座席に下ろされました。
 非常に感じのいい方でした。ごく自然体だったことが印象的でした。

 それにしても、通勤で2度も席を替わっていただくことは初めてです。よほど、私が疲れた表情をしていたのでしょうか。

 もともとが細身で、一見ひ弱そうな出で立ちなので、みなさんの同情を誘うのでしょうか。頼りなげな表情で吊り革を持っていたのでしょうか。人生に疲れた雰囲気を醸し出していることはないと思うので、私の姿は、哀れみや手を差し延べたくなる気分を漂わせていたのでしょうか。

 それにしても、これはよくないな、と思いました。
 かといって、今さら、どうしようもありません。

 父がよく言っていました。
 「人の世話にはなるものだ」と。
 人さまからの哀れみを受けながらの日々は、あまりありがたくはありません。
 しかし、これは自分でどうこうできるものではない、と諦めることにしました。
 人の好意はありがたく素直に受ける、ということを自分に言い聞かせようと思います。

 これも、齢を重ね、弱りつつある我が身を庇いつつ生きる立場になった者の、自らに言い聞かせる処世術の一つなのでしょう。
 寂しい気がします。しかし、これも一時でありたいと願いながら、とにかく臆せずに社会との関わりを持ちながら日々を過ごしたいと思います。

 たかが席を譲られたからと言って、あれことれと考えることではないようにも思え出しました。
 心優しい方の多い社会だな、との思いを強くしています。

 そんなことを思って帰路についていたら、帰りの電車が揺れた瞬間に前に立っていた方がよろけて、私の骨折した足のギプスの上に、思いっきり踵を落としてこられました。ギャーと叫びたいところをグッと我慢して、俯いて痛さを堪えました。

 いやはや、いろんなことがあるものです。
 そして、いろんな方がいらっしゃいます。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008