« 再録(26)郵便局のズサンな転送業務〈2002.4.27〉 | メイン | 池田研二先生のお宅で父亀鑑の遺品を確認 »

2016年8月31日 (水)

やっと足のギプスが外れました

 先月末から一ヶ月もの間、ずっと足に着けていたギプスを、本日やっと整形外科で外していただけました。
 締めつけられていた足が、その窮屈さから開放されたので、これで一安心です。
 ただし、今日撮影した足のレントゲン写真を見ながら、まだ骨は付いておらず、完治まであと2~3ヶ月はかかることを覚悟しておくように、とのことでした。
 それでも、ギプスがないだけで、行動の縛りがなくなるので助かります。

 足を庇い、不自然な歩き方をしていたので、身体の節々が悲鳴を上げていました。
 突然これまでと違って足首に何もなくなると、足のバランスが崩れるからということで、足首に包帯だけは巻かれています。
 また、足首の腫れがまだ完全には引いていないので、足の甲にかけての腫れぼったさは残っています。

 今後は、ウォーキングも大丈夫だそうです。
 足首の軽いストレッチを教えていただきました。
 痛くない程度であれば、正座の姿勢もリハビリにいいとか。
 お茶のお稽古ができるかと思いきや、まだ無理はしないようにと釘を刺されました。

 ふくら脛を中心として、足の筋肉が相当落ちています。
 これでは、お茶席で立ち上がる時に、ヨイショと大きな掛け声が出ることでしょう。
 そして、立ち上がるやいなや、よろけることも容易に想像できます。
 無理のない程度に外出をして、まずは足腰を鍛えたいと思います。

 足が思うようにいかなかったので、パソコンを使っての仕事が停滞していました。
 これも、9月を迎える明日から、またこれまで通りに再開したいと思います。
 ご迷惑をおかけしている方々には、これから遅れを取り戻しますので、いま少しお待ちください。

 今回の骨折は、その時の状況からしても突然のことであり、どうしたら避けられたのか、いまだによくわかりません。
 あの日のことを書いたブログ、「突然の左足首の捻挫で1日が止まる」(2016年07月27日)を読み返しても、骨折を防ぐ方策はどうしても見当たらないのです。不慮の事故としか思えないのです。

 今日は、右手人差し指の痺れについても相談しました。
 この一ヶ月の間、足の治療に専念していたこともあり、先生は「そうでしたね」という感じで、先月撮影したレントゲン写真を確認しておられました。

 この痛みは、「変形性関節症」というものだそうです。
 骨と骨の間にある軟骨が磨り減っており、摩擦による痛みが出ているのです。
 変形した骨が固まってしまわないように、指を動かして揉み解すことを勧められました。

 やはり、コンピュータで仕事をしていたことに直結する症状でした。右手人差し指は、マウスでクリックする時に使う指です。痛みがひどくなった春先から、中指でクリックするように、マウスのボタンの機能を変更して調整しました。

 いわゆる職業病の一種なのでしょう。しかし、先生は、老化によるものでしょう、とおっしゃいます。私はあくまでも、マウスを頻繁に使うことによる職業病だ、と確信しています。

 いずれにしても、足首と共に手の指の違和感とも闘う日々となりそうです。
 身体の不調や違和感を、加齢によって説明されることに不満を抱いています。
 避けることのできない老いが大きな原因となっていたにしても、そう思いたくないのが正直な気持ちです。

 どのように思おうと、目に見え、感じる症状に変わりはないとはいえ、それらを加齢によるものとして片づけられてたまるか、との思いをますます強くしています。
 加齢に伴って頑固になっている、と言われると、また反発してしまいそうです。
 まだ、従順に言われるままではいたくない、との思いを大事に心に秘めています。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008