« 時の流れを忘れていた涸沼からの帰り | メイン | 『海外平安文学研究ジャーナル 第5号』を電子版で配布しています »

2016年9月20日 (火)

台風情報を聴きながら賀茂川の氾濫を心配する

 また台風がやってきました。16号です。
 近年は、台風による災害が酷くなっています。
 山崩れや川の氾濫等々、かつてなかったほどの規模という気象異変が伝えられ、その経験したことのない暴風雨が自然災害をいや増しに引き起こしています。

 全国の山林や河川の防備は、これまでのモノサシによる経験値からではない、激甚を想定して再確認と再点検が必要でしょう。
 賀茂川については、万全の補修をしたと聞いています。しかし、それもこのところの想像を絶する規模の雨量を考えると、もう一度見直すことになるかと思われます。

 このところ、なかなか自宅に帰れずに東京に留まっている日々が続いているので、賀茂の河原が大丈夫か心配になります。
 この記事を書いているちょうど先ほど、台風16号が近畿地方を通過しました。
 昭和10年の台風では近くの賀茂川が氾濫し、自宅のすぐ南の道路が水没した写真を見たことがあるので、なおさら河川の氾濫が気になるのです。

 最近の賀茂川の大水のことは、以下の記事に書いています。

「京洛逍遥(290)賀茂川が氾濫注意水位に達したこと」(2013年09月16日)

「京洛逍遥(291)台風一過の賀茂川散歩」(2013年09月23日)

 その後も毎年のように、賀茂川は大水に見舞われています。

 そういえば、今年の大文字の送り火が大雨で見られませんでした。

 「京洛逍遥(420)大雨洪水警報の中での送り火 -2016-」(2016年08月16日)

 去年も「京洛逍遥(373)雨間に6万人が見上げた大文字 -2015-」(2015年08月16日)と雨でした。

 一昨年も「京洛逍遥(335)大雨の後の如意ヶ岳を焦がす大文字」(2014年08月16日)と、あいにくの雨でした。
 3年続きの雨だったのです。

 また、平安時代の賀茂川氾濫のことは、次の2作品に語られています。

「読書雑記(138)西野喬著『防鴨河使異聞』」(2015年07月29日)

「読書雑記(148)西野喬『壺切りの剣─続 防鴨河使異聞─』」(2015年12月11日)

 全国の山と川で起こる災害を食い止めるような、より安全な防備と施策が必要な時代となりました。まさに地球規模での天候異変なので、人災とならないような対策が急がれます。

 今回の16号が関東を通過するのは明朝とのことです。
 大事に至ることなく日本列島を抜けてくれることを祈るのみです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008