« 仕事帰りの電車で3回も熟睡する | メイン | 国文研蔵「橋本本 若紫」のナゾリ〈その1〉 »

2016年9月 7日 (水)

アレッ! と思う時〈その3〉電車の中で

(1)都営地下鉄と東京メトロの改札口は間違いやすいのです。
 東京の地下鉄は乗り換えが複雑で、何線の改札かわからなくなります。しかも、この2つは料金体系が異なるので、両線での乗り換えは割高になります。間違えると痛手が大きいのです。

(2)混んでいる電車の中に立っている時、スマホをいじっている人が背中でごそごそしている時は困ります。振り向いて顔を突き合わせて注意するわけにもいかず、じっとくすぐったさを我慢するしかありません。どうやら、ゲームをしている人が多いようで、指の小刻みな動きに合わせて、スマホ本体も振動で揺れているのです。

(3)電車の中で、目の前に座っている女性が大股を広げて船を漕いでいる時はどうしたらいいのでしょうか。本を読んでいても視界に入るので困ってしまいます。混んでいる時ならまだしも、私は空いている時間帯に乗ることが多いので、対面の状態なのです。

(4)携帯電話の充電が切れる頃に乗った新幹線が旧車両だと、座席に電源コンセントがないのでがっかりです。同じ料金を払っているのに、とご丁寧にも検札に来た車掌さんに不満を言いたくなります。前と後ろのドアの壁面にはコンセントがあります。しかし、自由席の場合そこはいつも先に取られているのです。

(5)新幹線の自由席で、子供が大はしゃぎし出したので席を移動したところ、隣の人のイヤホンから大音量の音漏れがする時は困ります。見知らぬ人には、声をかけにくいものです。また、パソコンを取り出してキーボードをパチャパチャされるまはまだしも、映画を大音量で観はじめられたら、もう諦めるしかありません。ただし、そんな人は居眠りをすることが多いので、そっとまた別の席に移るようにしています。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008