« 『国文学研究資料館蔵 橋本本『源氏物語』「若紫」』ができました | メイン | 第5回・日本盲教育史研究会に参加して »

2016年10月21日 (金)

読書雑記(182)船戸与一『大地の牙 満州国演義6』

 『大地の牙 満州国演義6』(船戸与一、新潮社、2011.4)を読みました。
 昭和13年の日本と満州が描かれています。


160804_daitinokiba


 本巻では、支那事変からノモンハン事件へと、慌ただしく血生臭い時の流れが活写されていきます。メインテーマはファシズムです。
 ノモンハン事変については、満州で捕虜になり、シベリアに抑留されて苦労した父親から少し聞いていたので、少しずつ実情がわかり出しました。大きなうねりの中での出来事は、それを語る立場によってさまざまな姿を見せます。

 戦地慰問に回っている吉本興業の『笑わし隊』が出てきました。
 中国での陰惨な戦闘状況に一味加わります。

 物語の背景に、スターリンとヒットラーの駆け引きや、岡田嘉子と杉本良吉が樺太からソ連への亡命話など、さまざまな逸話が点描されています。こうした、事実と虚構が綯い交ぜになって、ゆったりと大きく歴史が語られているのです。

 従軍文士の存在も興味深いものです。
 関係する箇所を引きます。


 敷島四郎は『庸報』の編集局で内地から送られて来る邦字紙各紙に眼を通しつづけた。どれも内閣情報部の文学動員について報じている。文壇の巨匠たちが陸軍班と海軍班に分かれて漢口に赴くことになったのだ。菊池寛。久米正雄。吉川英治。白井喬二。吉屋信子。佐藤春夫。川口松太郎。岸田国士。林芙美子。小島政二郎。尾崎士郎。滝井孝作。丹羽文雄。深田久弥。こういった錚々たる顔ぶれが合わせて二十二名、戦場に向かう。これはペン報国の文壇部隊と呼ばれることになったという。(155頁)
 
 
「だれが冗談でこんなことを言う? いいか、新聞が部数を伸ばせる最大の記事は戦争なんだぞ。満州事変は関東軍主催、大阪毎日新聞社後援とさえ言われた。発行部数二十万程度の東京の一地方紙だった讀売新聞は一気に百万を越える国民紙に成長した『庸報』の部数は最近激減してる。戦争に便乗して部数回復を計らなきゃならん」(156頁)
 
 
 太郎は三十一日附の東京朝日新聞を開いた。
 そこには林芙美子の従軍記が記されている。満州事変以来、新聞各社は戦争報道のたびに飛躍的に発行部数を伸ばす。徐州会戦後、有名作家の取りあいがはじまっている。内閣情報部は二十二名の従軍文士を決定したが、武漢攻略では東京日日新聞が菊池寛や吉川英治の従軍記を掲載して読者を魅きつけていた。林芙美子の原稿はそれにたいする東京朝日新聞の巻きかえしと言っていいだろう。(183頁)
 
 
 太郎は紙面から眼を離して、さっき孔秀麗が運んで来た茶を畷った。武漢攻略戦に同行した従軍文士たちはいい気なものだと思う。徐州会戦の様相を描いた火野葦平の『麦と兵隊』が大評判になった。従軍文士たちはそれに倣おうとしているのではないかと疑いたくなる。太郎はじぶんに文学的素養があると自惚れたことはない。だが、思うのだ、みずからの体験を赤裸々に綴った『麦と兵隊』に較べれば、従軍文士たちの記事は軍部への阿りが露骨に表われ、薄汚ない印象はどうしても拭えない。(186頁)

 敷島太郎の秘書である孔秀麗の存在が気になっています。この女性は、太郎にとって何なのでしょうか。

 インドに関して、これまでは小出しだったものが、本巻では少しまとまって記述されています。船戸氏のアジア史観と小説作法を知るための材料の一つとして、以下に抜き出しておきます。


「もうすぐドイツとイギリスの戦争がはじまる。こころが躍りますよ。独立を求めるインド人はみなこの機に乗じるつもりだ、わたしも忙がしくなる」
 次郎はその眼を見つめながら紅茶のカップを持ちあげた。ジャフルが顎を撫でながらつづけた。
「東京にいるビハリー・ボースやピライ・ナイルはもちろん、だれもがヨーロッパの混乱に乗じない手はないと考えてる。チャンドラ・ボースという男の名まえを聞いたことがありますか? インド国民会議派総裁だったが、マハトマ・ガンジーの不抵抗不服従運動に飽き足らず国民会議派と訣別した武闘派です。もしかしたら、あの男は今後ナチス・ドイツの協力を得てインド独立を達成しようと考えてるのかも知れない」(310頁)
 
 
「インドが激しく動いてます、イギリスはナチス・ドイツとの戦争で植民地にたいする統治能力が消え掛かってる。チャンドラ・ボースは国民会議派が手ぬるいと批判し、ベンガル州委員会はインド独立最後通牒をイギリス政府につきつけた。ガンジーやネルーはこの勢いは無視できない。あと一カ月も経たないうちに国民会議派は反英不服従運動再開を決議するはずですよ」
「で?」
「チャンドラ・ボースが突っ走れば突っ走るほど国民会議派も独立運動を加速せざるをえない」ジャフルがそう言いながら腕組みをした。「チャンドラ・ボースが具体的な行動を起こすためには武器が要る。最初は二、三千挺の軽機関銃でいい。それだけあれば、インド政庁を襲撃して占拠できる。インド国内にも反日感情を持ってる人間はいます。そういう連中は何らかのかたちでコミンテルンとの関係を持ってる。インド医療使節団というのを御存じで?」
 次郎は街え煙草のまま首を左右に振った。
 ジャフルが下唇を舐めてつづけた。
「コートニスとかアタルといった医師連中が去年の十一月にインドを離れ、延安に向かった。毛沢東に逢い、ともに帝国主義との戦いを誓い、北支の辺区で医療活動を行なうことになった。しかし、わたしに言わせれば戯言だ。インド人はよけいなことを考えずにイギリスからの独立を目指すだけでいい、たとえどんな手段を使っても」
「政治談議をしたいだけかね、それともおれに何かを依頼したいのかね?」
「児玉誉士夫を御存じですな?」
「面識はない、名まえは聞いてるし、このブロードウェイ・マンションに住んでることも知ってるが」「涯兆銘は上海に居をかまえるまえにいったん香港で暮すはずだった。児玉誉士夫は影佐禎昭大佐の依頼で右翼団体・日本塾を母胎とする秘密組織・棒皇隊を率いて香港での注兆銘護衛に当たる予定だった。そのために大本営陸軍部は兵器廠から直接九六式軽機関銃を児玉誉士夫に渡したんです。その軽機関銃は日本総領事館経由で香港に流れた。しかし、実際には注兆銘は香港では暮さず、上海に来て梅華堂の庇護下にはいった。つまり、香港には児玉誉士夫が手配した軽機関銃が九龍の倉庫に保管されたままになってる」
「それをインドに運べと?」
「そのとおりです」
「児玉誉士夫の棒皇隊が何人で編成されてたのかは知らんが、インド政庁襲撃に必要なほどの量の軽機関銃が香港に運ばれたとは思えんが」
「もちろん現在はそうです。しかし、九六式軽機関銃はこれからどんどん香港に向かう。わたしはもう児玉誉士夫と話をつけた。大本営陸軍部もかならず協力する」
「どこから来るんだね、その自信は?」
「日独伊防共協定はまだ三国同盟化してないが、日本はいずれ英米とぶつかり合わざるをえない。その場合、日本は石油を求めて南進するしかないでしょう。狙いは蘭領東インドだが、そのまえに仏領インドシナやビルマが標的になる。それを阻止しようとするイギリスの力を殺ぐにはインドやビルマでの独立運動が望ましい。おわかりでしょう、インドに軽機関銃を送りたい理由が? その数が二千や三千ならけちな武器商人が勝手にやったことだといくらでも言い抜けられるんだし」(394〜396頁)

 しだいに戦争が深刻になっていく中で、敷島兄弟の今後の生き様がますます興味深く待たれます。【4】

※本作品は書き下ろしです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008