« 家具を組み立てていて説明書の不備に悩まされる | メイン | 清張全集復読(5)「或る「小倉日記」伝」 »

2016年10月 8日 (土)

iPhone Plus を 6 から 7 へ移行することを検討中

 「iPhone 5 64GB」を「6 Plus 128GB」に機種変更したのは、ちょうど2年前の2014年10月6日でした。その時のことは、次の記事に書いています。

「iPhone 6 Plus のトラブルの対処方法」(2014年10月07日)

 それから10日後には、私が手渡されたiPhone は不良品とのことで、京都で本体交換をしてもらいました。

「iPhone 6 Plus が欠陥商品のため本体交換となる」(2014年10月17日)

 本体交換しても不調なので、また1ヶ月後にトラブル状態となりました。

「依然として続く iPhone 6 Plus128G のトラブル」(2014年11月16日)

 それ以来の不調については、Evernote がらみなので省略します。

 そして、「iPhone 6 Plus」にしてから4ヶ月目にして、3台目の iPhone を手にすることとなりました。今度は、アップルストア銀座での本体交換でした。

「4ヶ月で3台目の本体交換となったiPhone6 Plus」(2015年02月25日)

 その後も不調が続き、本ブログには折々に報告してきました。ただし、今それらはすべて省略します。

 さて、そうした道を歩んで来た私も、最近新たに投入された「iPhone 7 Plus」に移行する決意をしました。それは、我が家にある2台の「iPhone 6 Plus」の内の1台のタッチパネルのガラスが、落とした衝撃で粉々にひび割れしたためです。表面に衝撃防止シートを貼っていたので、ガラスの破片が飛び散ることはありませんでした。

 今回のガラスの修理は、ネットで調べ、お店で確認したところ、19,800円だそうです。いつか 7 Plus にしようと思っていたので、これを機会にと思いきることにしました。

 そこで、旧知の仲間が、私と同じ au の「iPhone 6 Plus」から docomo の「iPhone 7 Plus」に機種を交換したことを、最近ブログに書いていたことを思い出しました。
 そこですぐにメールで、私の用途などを伝え、経緯などを問い合わせたところ、これまたすぐに詳細な説明を受けとることができました。
 こうした情報通の仲間がいることは、突然やってくる悲劇に対処するにあたっても、本当に助かります。

 長文の懇切丁寧な説明を読んで、ますます、docomo の 7 Plus にすることで、気持ちは大きく傾きました。
 それにしても、今までまったく縁のなかった docomo です。
 詳しく、わかりやすく説明された文章を見ながら、参考にと添えられたホームページなどもすべて確認した上で、やはり SIMフリーで「mineo の docomoプラン」にターゲットを絞りました。

 そして、アドバイス通り、以下のこともチェックしました。
・基本データ容量:3GB
・デュアルタイプ

 ただし、面倒なのは、「iPhone 7 Plus」の SIMフリー版をAppleから直接購入することです。すぐに、今いる宿舎から近いアップルストア銀座に、「iPhone 7 Plus」の在庫状況を聞きました。すると、ホームページでも在庫が確認でき、あればすぐに予約すればいいそうです。ただし、今日は残念ながら在庫はないとのことです。毎日朝8時に在庫状況を公開するので、ネットで在庫を確認してから予約し、その番号を持って来店を、とのことでした。

 とにかく、SIMフリーの本体の入手は、明日以降になります。どうやら、この本体の入手が、一番の難所のようです。

 次に、ヨドバシカメラに連絡し、mineoの手続きの相談をしました。
 京都の我が家は、ネット環境は Kオプティコムの光回線を契約しています。テレビも電話もインターネットも、すべてイオネットを利用しています。いろいろと相談している中で、イオネットのユーザーであれば、さらに800円の割引があることもわかりました。

 とにかく、仲間からのありがたいアドバイスを参考にして、「iPhone 7 Plus」のSIMフリーを mineo で契約して前に進むことにします。
 といっても、私のことなので、いろいろとトラブルの中を進むのことになるでしょうが……

 たまたま、買い物で出かけることがあったので、近くの駅前にある auショップに立ちより、いろいろと情報を得てきました。最近の私の iPhone は、ほとんどこのお店で購入しているからです。
 ここでわかったことは、現在使っている iPhone が、あと1ヶ月で本体の代金を完済するということでした。つまり、完済してから次の機種への乗り換えを考えたらどうでしょうか、とのアドバイスです。それもそうだと思い、あと1ヶ月はこのままでいってもいいか、と思うようになりました。

 さらに、画面がひび割れした「iPhone 6 Plus」について、電話で不自由をしているので対処法を聞きました。手元に放置されている「iPhone5」に SIM を入れ替えると、電話等が使えるようになるのではと聞くと、そうだとのことです。
 これで、サイズは一回り小さくなっても、電話もネットもこれまで通りに使えます。1ヶ月の辛抱ならば、これで何とかなります。すぐにこれを試すと、何も問題なく一つ前のiPhoneが使えるようになりました。

 この先延ばしした1ヶ月間に、SIMフリーの「iPhone 7 Plus」の情報をもっと集めることができるので、より的確な判断ができるようになります。もしもさらによい選択肢が見つかれば、すぐにそれに移ればいいのです。

 iPhone を SIMフリーにすることで、よく使うアプリ「メッセンジャー」やテザリングなどがどうなるのかも含めて、十分に検討する時間ができました。仲間からのその後の利用体験も聞けます。

 急遽検討を始めたiPhone のバージョンアップも、こうして一段落し、次に必要となる情報やターゲットマシンについて調べる余裕もできました。

 それにしても、仲間が発信する情報と、そこからもらえたアドバイスのありがたさを痛感する、得難い貴重な1日となりました。

 よき仲間がいることの楽しさと嬉しさを、この記事を書きながら噛みしめてているところです。私も、いろいろな方のお役に立つ存在であるように、との気持ちをあらたにしています。

 私が毎日書いているこのブログは、そうしたお役には立ちそうにもありません。自由気儘に日々の日録を書いているだけだからです。しかし、ひよっとして、この自分が生きている存在証明にしかすぎない日記代わりの日録も、どなたかのお役に立っていることもないとはいえないかもしれません。いや、そのようなことはないとしても、今後はもう少しお役に立つ情報の発信を意識したいと思っています。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008