« 初めての「ストレスチェック」受けて | メイン | 不可解なiPhone7Plusを契機に生活スタイルを見つめ直す時期か? »

2016年10月29日 (土)

やはり iPhone7Plus が変な動きをしています

 今週ようやく手に入れた私の iPhone7Plus が、どうも変なのです。
 4日前の「iPhone7Plus をまずは1台入手」という記事に書いた通り、やはり予感的中です。妻が入手した翌日に手した私の iPhone が、とにかく30分おきに変なことになるのです。
 ただし、妻の iPhone7Plus は正常に使えています。

 これまで使っていた iPhone6Plus は、秋に手に入れたものが本体交換を2度も繰り返して、3台目でやっとまともな物が手渡されました。その5ヶ月間は、とにかく無駄な時間を iPhone6Plus に費やしました。

 今回の iPhone7Plus も、来春まで同じように不愉快な日々を送ることになるのでしょうか。無意味な時間が、この iPhone7Plus に食われるのです。

 機種を新しくすると、いつもこうしたやっかいなことに直面します。正常に使えない iPhone に、お金は払い続けるのですから、気持ちはすっきりしません。アップルは手に負えなくなると本体をそっくり交換して素知らぬ顔をするのですから、まったくいい気なものです。

 今回の不具合は、とにかく複雑なことのようなので、ここに書くことはしません。
 今、非常に忙しい中にいます。今日の1日がアップルとの電話によるサポートで潰れました。何とか使えるようにならないか、との思いで、こんなことに時間をかけていては大変なことになる、と思いながらも、電話で無責任なサポートを受けることとなりました。

 最初に、アップルのサポート担当窓口である[0120-277-535]に電話をしました。いろいろとあってやっと出てきた担当者は、長々とやりとりをした末に、原因を「iCloud Drive」に起因するトラブルだと判断され、その対処を受けました。しかし、それでは何も解決しません。見立ての間違いだったのです。救命救急医が最初の診断を間違ったのと同じです。もっとも、私の命に別状はありませんが。

 解決しないことを再度電話で問い合わせると、今度は別の方が出てきて、先程の対処はその「アドバイザーの不備」によるものであり、「iTunes」のサインインとアウトで対処しようとされました。同僚の不始末を、なんとも軽くいなした発言でした。
 しかし、それも間抜けなことがいくつかあり、結局はダメでした。

 そこで、やっと出てきてほしかったスペシャリストなる方にバトンタッチとなりました。
 しかし、そのスペシャリストとおっしゃる方の指示でも、やはりダメでした。提案されることも、素人の私でも[?]と思われるものでしたが、ジッと我慢しました。

 コンピュータに30年近く関わっていると、電話口での対応で相手の方の力量がおおよそわかります。アップルのサポート窓口では、最初に対応してくださる方はほとんどが外れです。そして、その上のクラスのスペシャリストの方を、いかに引き出すかがユーザーの力量を問われるところです。そして、スペシャリストの方が出てきてくださると、解決することがあります。しかし、それでもダメなことが多いのが実情です。

 日本のサポート窓口は、その程度のランクの人材で構成されています。残念です。優秀な人材が、なかなか確保できないのでしょう。

 これが、アップルの地元であるアメリカのスタッフのレベルは、もっと高いのでしょうか。もっとも、英語がまったく喋れない私は、もし日本のスタッフよりもレベルが高くても、こちらの症状を相手に英語で伝えることができないので、どうしようもありません。

 ということで、また本体交換を繰り返す中で、半年後の来春には、まともに使える iPhone7Plus に出会えることを楽しみにしましょう。またまた、iPhone7Plus についても、ジッと半年の我慢を強いられます。その間、アップルにはこの欠陥商品にお金を払い続けるのですから、またまた不条理を感じます。

 予想通りの、欠陥商品というよりも、欠陥システムの中に置かれています。
 またか、との思いで、iPhone に頼らない生活を組みたて直すこことにします。
 この iPhone7Plus を使わない、という生活もいいものかもしれません。
 そうした機会を与えられた、と思うと、不愉快な思いが幸運にも思えるから不思議です。
 いささか、自虐的な物言いになってしまいました。
 アップルさん、安定した完動品の商品の供給をしてください。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008