« やはり iPhone7Plus が変な動きをしています | メイン | 「第8回 インド国際日本文学研究集会」開催のお知らせ »

2016年10月30日 (日)

不可解なiPhone7Plusを契機に生活スタイルを見つめ直す時期か?

 iPhone6Plus から iPhone7Plus に機種変更したことに伴い、転送したアプリでよくわからないことに直面しています。
 昨日の窮状とはまた別のトラブルです。

 一例をあげます。
 私がよく使う文字読み取りアプリの「e-Typist」が、iPhone6Plus から iPhone7Plus にバックアップデータを復元したのに、転送されていませんでした。
 そこで、アップルのサイトからダウンロードしたところ、¥1,400円の請求をされたのです。iPhone6Plus 以前から利用しているアプリなので、機種変更したからといって再度購入させられるのは変なことだと思い、アップルのサポートに問い合わせをしました。

 料金担当者だと名乗られる方に調べてもらったところ、これは課金されていない、とのことでした。あの画面に出た請求はなんだったのでしょうか。

 その代わり、「ATOK Pad」の¥1,300円が請求され、カードから引き落とされているとのことでした。これも、以前からずっと活用しているアプリです。エバーノートと連動させて、電車の中でブログの記事を書く時によく使っているものです。

 不可解なことなので、さらに調べてもらうと、この「ATOK Pad」を私が購入したのは2012年のことで、今はそれが提供中止となり、現在は別のアプリとして販売されているそうです。そして、私が今回 iPhone7Plus にダウンロードしたのは、この新しいものであり、そのために新規購入となったのだという説明でした。
 そんな裏事情があるとはつゆ知らず、同じ名前のソフトで見た目も機能も一緒なので、当たり前のようにダウンロードして使い出したところでした。

 手続きをすれば解約して返金できるとのことでした。しかし、その手続きにまた延々と時間が吸い取られるのがわかっているので、購入したものとして使用することにしました。率直な気持ちを言えば、詐欺にあったようなものです。

 さらに不思議なことがわかりました。
 「大辞泉」という辞書アプリがあります。言葉の意味を iPhone で調べるときによく使います。これが、私がアップルで購入した履歴にない、ということなのです。しかし、iPhone6Plus 以前からよく使っていたものだし、現に私のパソコンの中のバックアップデータの中に、この「大辞泉」がちゃんとあります。この「大辞泉」も、iPhone6Plus から iPhone7Plus に転送されなかったアプリです。

 購入したものではない「大辞泉」を、私は何年も iPhone で使っていたことになります。どこかから紛れ込んだのではないか、とサポート担当者はおっしゃいます。それも変な話です。そんなにアップルのシステムはいいかげんなのでしょうか。不正に取得したものではありません。それなら、これまで重宝して折々に使っているはずがありません。

 試しにこの「大辞泉」をアップストアで確認すると、ダウンロード価格は¥2,000円になっていました。下手にクリックすると、また請求させるところでした。
 こんな調子では、次から次へと知らぬ間に課金されていきます。それも、知らない内に。
 とにかく、アップルのシステムがよくわからなくなりました。

 アップルの電話サポートの担当者は、今日も次から次へと襷リレーでした。電話口に出られたのは6人で、そのうちの2人がスペシャリストだと名乗っておられました。しかし、そのサポートの実力はいまいちでした。私の疑問を、何一つ解決してくださらなかったのですから。

 今日のやりとりで、いろいろなことがわかりました。
 まず、iPhone6Plus から iPhone7Plus に iTunes を使ってバックアップデータを復元しても、そのすべてが転送されるわけではない、という衝撃的な発言です。てっきり、バックアップからすべてが完全に復元できると思い込んでいました。
 確かに、私の場合は200近いアプリの内、4分の1は復元されていません。

 転送されなかったものはどうしたらいいのかと聞くと、アップストアから再度ダウンロードするしかないとのことです。そして、再度のダウンロードなので本来は料金が発生しないはずではあっても、私の今回のようにクレジットカードから引き落とされることもあるそうです。
 では、どのアプリが料金を徴収されるのかを尋ねると、やってみないとわからないそうなのです。なんとアバウトな回答。そして、以前使っていたのに課金されたら、サポートの料金担当とその時々に相談をしてほしい、と。湯水の如く時間を吸い上げられ、ついにはユーザーが根負けするという構図を想定されているようです。
 確かに、今回の場合、「e-Typist」は請求されなかったのに、「ATOK Pad」は事情があったにしても支払うことになりました。

 もう1点、意外なことを知ることになりました。
 iTunes でiPhone のバックアップを取ったり復元したりする時に表示される、見慣れた画面についてです。


161030_itunesbackup


 ここで、「iCloud」の項目には、「iPhone内のもっとも重要なデータを iCloud にバックアップします。」とあります。
 その下の「このコンピュータ」の項目には、「iPhoneの完全なバックアップはこのコンピュータに保存されます。」と書いてあります。

 これまで私は、この「iCloud」の項目と「このコンピュータ」の項目では、バックアップされるデータが違い、「iCloud」の項目はiPhone のすべてのデータではなくてシステム上で大事なものが対象であり、「このコンピュータ」の項目のバックアップはiPhone のすべてのデータがバックアップされると思っていました。
 たまたま私は50ギガの契約をしています。しかし、特にアップグレードをしていない無料の一般ユーザーは、5ギガしか利用できません。当然、すべてのバックアップをするとなると、容量不足になります。担当者の答えでは、容量が不足した方には、アップグレードの案内が出るのだそうです。これって、アップグレードへの誘導行為ですよね。

 それはともかく、今日のスペシャリストHさんの説明では、上記の「iCloud」と「パソコン」へのバックアップの両方とも同じものであり、共に iPhone のすべてのデータがバックアップされる、とのことでした。
 そして、私の場合では、「iCloud」に取ったバックアップから iPhone7Plus に復元してみたら、パソコンからの復元で取り落としたアプリが、さらに多く転送されるのでは、と言われました。すると逆に、復元されたものが消えることも考えられます。何といいかげんなことを。
 こうしたことに詳しくない私には、もう理解不能です。いろいろと対策はあるのでしょう。しかし、今日の言葉による説明ではそういう曖昧なものでした。

 私は、まだこのHさんの説明を信じていません。
 本当はどうなのでしょうか。
 上記の、画面に表示される日本語の意味の違いは何なのでしょうか。

 それにしても、次から次へと、入れ替わり立ち替わり、いろいろな方が電話口に出て、さまざまに別々の説明をしてくださいます。その交代に要する時間も、5分から10分もかかります。電話口で待たされている間は、電話をスピーカーで聞くようにして、手元で仕事を続けます。

 そしてやっと次の方にバトンタッチされても、最初に本人確認ということで何度も同じことを聞かれ、質問には的外れな回答が目立ち、実際に言われるままに操作をしても、何一つ解決しないのですから、アップルのスペシャリストの実力の程が知れていると言わざるを得ません。

 今、折しも山積する仕事と課題に挑んでいる時なので、こんなことに時間を費やしていることがそもそも無駄な時間潰しです。今日も、電話の対応をしながら、目と手はパソコンで頭を使わない作業をしていました。

 今週手に入れた iPhone7Plus も、予想したとおりに案の定お手上げ状態です。
 めったに使わないとはいうものの電話機能は使えることと、データ入力は何とかできるので、しばらくはこのまま使いながら、また本体交換になる事態を待つことにしましょう。
 アップルには、しっかりした製品の供給と、納得のできるサポートをしてほしいと願っています。

 予想通り、またもやとんでもない iPhone を手にしてしまいました。
 大好きだったソニーが沈没し、期待していたアップルが怪しくなりかけています。
 これも、時代の変わり目にさしかかっている、ということなのでしょうか。

 デジタルデバイスの利活用に費やす手間と時間に、大いなる疑問を持つようになりました。

 私が初めてコンピュータの体験をしたのは、今から36年前の昭和55年(1980)、NECの「TK80」でした。その2年前に和文タイプライターをマスターし、すぐに電動式ひらがなタイプライタを活用し出しました。
 この40年弱の電子機器との関わりに、あらためて意識の改革が求められているのかも知れません。まさに、時代の転換点に身を置いているように思われます。

 未来を見つめて、夢を描いて電子機器と積極的に格闘してきました。
 私の生活スタイルの中に定着した電子機器は、いまや見直しの対象となりつつあります。
 今回のiPhoneのことから、こんな思いを強くしました。
 日々の記録と整理と発信の方策を考えるべき時期に直面していることを、あらためて痛感しているところです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008