« 過日公開した「若紫」の小見出しを【補訂2版】としたこと | メイン | iPhone Plus を 6 から 7 へ移行することを検討中 »

2016年10月 7日 (金)

家具を組み立てていて説明書の不備に悩まされる

 息子の家で家具を組み立てました。
 夜遅くまでかかって、何とかできあがりました。


161008_syodana


 説明書を見ながら、手順を追ってやりました。しかし、図解による指示と部品の特定が難しくて、いろいろと試行錯誤の連続です。やってみて、うまくいかなかったら元に戻り、またやってみる、という作業手順を踏むことになります。
 それでも、背面の板の高さが合わないのです。ノコギリを買って来ようか、とか、カッターナイフを買いに行こうか、などなど、どうしてもうまくできない所がでてきました。

 夜分にもかかわらず、21時までサポートはやっているとのことなので、電話をして相談しました。
 購入した無印良品は、サポートがしっかりしています。担当の方は、説明を聞いて、すぐに部品を取り寄せるとのことでした。しかし、連休があるので、来週火曜日以降の発送になるのだそうです。

 それではこちらが大変なので、さらに受けたアドバイスを参考にして、部品の組み合わせを変えてやってみることにしました。再度組み方を変えると、今度はうまくいき、前に進むことができました。押してもダメなら引いてみろ、ではないのですが、別のやり方を試みると、意外な方向が見えてきたのです。おもしろいものです。

 遅い時間にもかかわらず、懇切丁寧な対応をしてくださったサポートの方にお礼を申し上げます。

 やはり、少し値段が高くても、信頼のおける店の商品を買うと、何かあったときに助かります。
 しかも、なかなかいい素材を使い、しっかりとした設計でできていることが、自分の手で組んでいるうちに、じわじわと伝わってきました。いいものは、それなりの値段がする、ということなのでしょう。

 うまくいったことを伝えるために、サポート窓口に再度電話をしました。しかし、先程の方は別の対応に出ておられるとのことだったので、お礼だけを言って切りました。

 製造業者の方と組み立て説明書を作成された方に、この場を借りてお伝えします。
 ほぼ同じ大きさの背面パネル5枚は、微妙に大きさが異なるので、その識別を間違うと、とんでもない時間を浪費することになります。私は根気強くやり直しました。しかし、途中で投げ出す方も多いことでしょう。

 どの部品を使うかは、もっと丁寧に指示をした方がいいと思います。パネルに番号を記すか、シールを貼っておくと、図面だけから微妙な違いを読み分けて部品を特定しなくてもいいようになります。今の説明書だけでは、どの部品がその説明に該当するのかを見極めるところで迷ってしまい、なかなか前に進めません。今の商品の部品構成と梱包は、あくまでも作る側の手間がかからないものであり、組み合わせでは別の商品にも転用できる部品で構成されています。利用者よりも販売者側の論理でセットが組まれています。少しでも安くするための方策なのでしょう。しかし、その合理化を利用者に押し付けるのは筋違いです。

 そんなこんなで、真夜中に酔人たちを掻き分けるようにして帰ることになりました。
 もっとも、ついに完成したという達成感があったので、身体に残る疲れは気持ちの良いものでした。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008