« 室伏信助先生と荻窪でお話をしました | メイン | 清張全集復読(7)「戦国権謀」「菊枕」 »

2016年11月 2日 (水)

インドへ行く前に身体検査をしています

 来週8日(火)から1週間ほど、インドのデリーに行ってきます。

 インドを歩くと、首都のデリーであっても日本のように舗装された歩道は少ないのです。車道は舗装されていても、歩道は日本の昭和30年代です。舗装が崩れていたり、大きな石が剥き出しだったり、砂利道だったりします。そうした障害物を跨ぎながら、歩道を歩きます。

 今年の7月に左足首を骨折して以来、まだ足首が多少ギクシャクしています。確かに完治までに3~4ヶ月といわれたことがわかります。歩いていて気を抜くと、ぐらっとします。

 障害物競走に出場するようなインドの道を歩くので、少しでも足の状態を良くしてから行こうと思い、九段坂病院で治療を受けてきました。

 まず、右足の指の疣は、大分よくなってきました。後1回の通院でいいようです。
 今日も、カッターで疣を削り、患部に液体窒素を塗っていただきました。
 いつも丁寧な治療をしていただき、感謝しています。

 新たに出た症状に、骨折した左足の右くるぶしがカサカサになって来たことがあります。気になったので、これも診てもらいました。
 先生の説明では、ギブスを嵌めていたことにより、それを取った後に生じた症状だとのことでした。
 痒くても掻かずに、クリームを塗って様子を見ることになりました。
 靴も考える必要に迫られました。
 明日は祝日なので、インドを歩く靴を探しに豊洲に行くつもりです。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008